PRESS

Photo: PRESS

前作『ラックス』より3年半ぶりとなるニュー・アルバム『ザ・シップ』を4月27日にリリースするブライアン・イーノが、ニュー・アルバムからの新曲“The Ship”の音源を公開している。

新曲“The Ship”についてブライアン・イーノは次のように語っている。「この楽曲は、もともとストックホルムで行ったマルチ・チャンネル・サウンド・インスタレーション用にアンビエント曲として作られていたものだったんだ。だが、制作中に、自分自身が、本楽曲のルート音である低いCコードで歌えることを発見した。年を取って得るものも、少しはあるということだ。その時点から、この曲は、他とは異なる種類の“歌”へと変貌していった。ヴォーカルが、あらゆるリズムの枠組みから解き放たれ自由に漂う、これまで私が作ったことのないタイプの曲となったんだ」

さらにこう続けている。「音楽的な面においては、リズムの構造やコード進行といった一般的な基盤に依存することのない、だからこそ声がそれぞれの空間と時間の中に存在できる、それこそ普通の風景の中で起きる出来事のように存在している、そういう歌を集めたレコードを作りたいと思ったんだ。自由でオープンな空間の中に、音の事象を配置したかった。このアルバムは空白を挟んで綴じ込まれた物語の連続なんだ。そのいくつかは私も知っているし、またいくつかはこうして今、物語を作り上げながら私自身が発見しつつあるストーリーでもあるんだよ」

“The Ship”の音源はこちらから。

本作には、ルー・リード作曲のザ・ヴェルヴェット・アンダーグラウンドの楽曲“I’m Set Free”のカヴァーが収録されることも明らかになっている。ザ・ヴェルヴェット・アンダーグラウンドは、ブライアン・イーノが美術学生時代に行っていた初期の音楽的探究のインスピレーション源としてその名前を挙げていたことでも知られている。

アルバムは、4月27日に日本先行でリリースされる。ボーナストラック“Away”が追加収録される国内盤CDはSHM-CDを採用し、ブライアン・イーノによるアートプリント4枚が封入された特殊パッケージ仕様の初回生産限定コレクターズ・エディションと通常盤の2フォーマットが発売される。

リリースの詳細は以下の通り。

BRIAN ENO
THE SHIP
ブライアン・イーノ / ザ・シップ
WARP RECORDS / BEAT RECORDS
国内盤コレクターズ・エディション:
BRC-505CE ¥2,750 (+tax)
特殊豪華パッケージ
アートプリント4枚封入
8ページブックレット付
SHM-CD
ボーナストラック1曲収録

国内通常盤:
BRC-505 ¥2,200 (+tax)
紙ジャケット仕様
8ページブックレット付
ボーナストラック1曲収録

01. The Ship (21”20)
02. Fickle Sun (i) (17”40)
03. Fickle Sun (ii) The Hour Is Thin (02”43)
04. Fickle Sun (iii) I’m Set Free (05”13)
05. Away (Bonus Track for Japan)

国内盤コレクターズ・エディション
beatkart: http://shop.beatink.com/shopdetail/000000002018
Amazon: http://www.amazon.co.jp/dp/B01C3ZLVZM
国内通常盤
beatkart: http://shop.beatink.com/shopdetail/000000002019
Amazon: http://www.amazon.co.jp/dp/B01C3ZP14Y
デジタル配信
iTunes: http://apple.co/1QbS9XB

Copyright © 2019 TI Media Limited. NME is a registered trademark of TI Media Limited being used under licence.

関連タグ