Dean Chalkley/NME

Photo: Dean Chalkley/NME

ジャスティン・ビーバーは、アメリカ・ツアーでミート&グリートをキャンセルした代わりに、等身大パネルが設置されたことが明らかになっている。

ジャスティン・ビーバーと楽屋で会える権利を含む高額のVIPチケットを購入したファンたちは、先週、すべてのミート&グリートをキャンセルすると発表されたのを受けて、落胆することになっている。

ミート&グリートがキャンセルとなったにもかかわらず、ライヴのチケットも放棄しない限り、ラスベガス公演では2000ドル(約22万円)の払い戻しが行われなかったと『ザ・ミラー』紙は報じている。

ライヴに行くことを選んだファンは、バックステージでのミート&グリートが等身大パネルに差し替えられていたのを発見したという。

先週、ジャスティン・ビーバーはインスタグラムで「消耗する」ために『パーパス』ツアーでのすべてのミート&グリートに参加しないことを発表している。

「こんなにも素晴らしい人々と会えるのは楽しいんだけど、すごく消耗することになるし、他の人々の精神的なエネルギーで満たされて、それによって消耗して、楽しくないんだよね」と彼は綴っている。「みんなを笑顔でハッピーにしたいけど、僕の領分じゃないし、精神的にも、感情的な面でも疲れ果ててしまい、落ち込むことになるんだ」と続けている。「僕がどう思われてるかという、会う人々の期待に対するプレッシャーというのは、扱うには大きいものだし、多くが僕の肩にかかっているんだ。がっかりさせたくはないけど、約束通り、ライヴやアルバムを届けるほうがいいと感じてるんだよ」

Love u guys.. I'm going to be canceling my meet and greets. I enjoy meeting such incredible people but I end up feeling so drained and filled with so much of other people's spiritual energy that I end up so drained and unhappy.. Want to make people smile and happy but not at my expense and I always leave feeling mentally and emotionally exhausted to the point of depression .. The pressure of meeting people's expectations of what I'm supposed to be is so much for me to handle and a lot on my shoulders. Never want to disappoint but I feel I would rather give you guys the show and my albums as promised. Can't tell you how sorry I am, and wish it wasn't so hard on me.. And I want to stay in the healthy mindset I'm in to give you the best show you have ever seen ;)

Justin Bieberさん(@justinbieber)が投稿した写真 –

ジャスティン・ビーバーはVIPチケットを購入したファンに対して「これまででも最高のライヴを届ける」ことで償いたいとしている。

ドキュメンタリー『ザ・ビートルズ: Let It Be』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ