Courtney Love

コートニー・ラヴが、映画『バットマン』シリーズで悪役を演じる可能性があったことが明らかになっている。

ジョエル・シュマッカー監督による1997年作品『バットマン&ロビン Mr.フリーズの逆襲』は、ジョージ・クルーニーが主役のバットマンを演じ、結果として興行的に大失敗に終わることになったが、実は映画完成後から公開されるまでの間に、ワーナー・ブラザースに雇われた脚本家マーク・プロセトヴィッチによって続編が書かれていたという。タイトルは『バットマン・アンチェインド』というもので、物語は再びジョージ・クルーニー演じるバットマンとクリス・オドネル演じるロビンを中心に展開し、悪役としてスケアクロウとハーレクインが登場するというものだった。

ジョーカー役には、シリーズ第1作目『バットマン』で同役を演じたジャック・ニコルソンが予定されており、またその他の配役に関しても、ペンギン役にダニー・デヴィート、キャットウーマン役にはミシェル・ファイファー、トゥー・フェイス役にトミー・リー・ジョーンズ、そしてリドラー役にはジム・キャリーと、それまでの『バットマン』シリーズに登場したキャストがカメオ出演する計画だったようだ。シュマッカー監督は『ハリウッド・レポーター』誌のインタビューでこう振り返っている。「とてもダークな内容になる予定だったんだ。ニコラス・ケイジにスケアクロウ役を頼むために、映画『フェイス/オフ』の撮影現場を訪ねたのを覚えているよ」

また脚本家のプロセトヴィッチは、悪役であるハーレクインのキャラクターが「茶目っ気があり、いたずら好きのサディスト」という設定であったことを明かしている。当時、このハーレクイン役にはマドンナが起用されるとの噂があったが、プロセトヴィッチによれば、同役の配役の件でコートニー・ラヴに会っていたという。「恐らくコートニーは、バットマンの新作にハーレクインが登場することを知っていたようだね。自分が役のイメージにぴったりだと思っていたみたいだ」。しかしこう続ける。「でも僕らは具体的な相談は特にしなかった。むしろ関係のないことばかりたくさん話したよ。ショー・ビジネスのキャリアの中でも、特に楽しいランチミーティングだったね」

その後、プロセトヴィッチは脚本の初稿を完成させたものの、『バットマン&ロビン Mr.フリーズの逆襲』に対する批評家や映画ファンの酷評を受け、『バットマン・アンチェインド』の製作は中止に追い込まれてしまったという。結局、ケープド・クルセイダー(※バットマンの愛称)が再びスクリーンに姿を現すのは8年後、クリストファー・ノーラン監督の『バットマン・ビギンズ』となった。

一方、ハーレクインについては、来年公開の映画『Suicide Squad』に登場することが決まっており、クイン役はマーゴット・ロビーが演じるという。DCコミックの悪役が集結する本作には、彼女のほかに、ジョーカー役のジャレット・レト、デッドショット役のウィル・スミス、ブーメラン役のジェイ・コートニー、エンチャントレス役のカーラ・デルヴィーニュ、リック・フラッグ役のジョエル・キナマンらが出演する。

【独占配信】ドキュメンタリー『ボン・ジョヴィ:Thank You, Good Night』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ