SHAMIL TANNA/NME

Photo: SHAMIL TANNA/NME

ノエル・ギャラガーは、南米からの機材の輸送遅れにより3月24日に予定されていたニュージーランドでの公演をキャンセルしている。

ノエル・ギャラガーは3月24日にオークランドのASBシアターでの公演が予定されていたが、激しい天候のために機材の到着が遅れることになったという。ノエル・ギャラガーは3月20日にサンティアゴでロラパルーザに出演しており、機材はチリから輸送しているものだった。

ノエル・ギャラガーはインスタグラムでキャンセルを発表し、状況について謝罪している。「自分たちの落ち度ではないけれど、今日のライヴを楽しみにしていた人たちに謝罪の意を示さざるを得ないように感じています。わたしたちのコントロールを離れたところで、97年/98年以来となるニュージーランドでの正式な公演を中止することになりました! 重ねてお詫びします」

ノエル・ギャラガーの広報担当者はプレス・リリースで次のように述べている。「はるばるやって来たにもかかわらず、ライヴができないことに皆がっかりしています。今朝の早い時間帯から我々のスタッフは他の方法を模索しましたが、あまりにも多くの機材が届いておらず、遺憾ながらパフォーマンスをキャンセルすることを決定しました」

ノエル・ギャラガーは3月26日に公演が予定されているシドニーから写真をアップしており、キャプションには次のように記されている。「いずれにせよ俺はここにいるよ! 機材はどうなったかって? また報告するよ。ところで、これは俺のホテルからの実際の眺めなんだ。Bonzer(豪州で“素敵”の意)、地元の人だったらこう言うんだろうな」

一方、ジェイク・バグは先日ノエル・ギャラガーの批判に対してやり返しており、『NME』で「ノエル・ギャラガーの最新作は本当にクソだろ」と語っている。

ドキュメンタリー『ザ・ビートルズ: Let It Be』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ