RICHARD JOHNSON/NME

Photo: RICHARD JOHNSON/NME

3月22日にカリフォルニア州サンタ・アナのジ・オブザーヴァートリーで、アット・ザ・ドライヴ-インは、再々結成後、初となるライヴを行っている。

アット・ザ・ドライヴ-インがライヴを行うのは、2012年8月に行われたO2ブリクストン・アカデミー以来、約4年ぶりとなっている。

アット・ザ・ドライヴ-インは今回のツアー発表の際、2016年に新曲をリリースすることを宣言しているが、この日のライヴで新曲が演奏されることはなかった。

また、先日ギタリストのジム・ワードが脱退したことが発表されたが、代わりのギタリストとしてスパルタのメンバーだったキーリー・デイヴィスが参加している。キーリー・デイヴィスは、スパルタでジム・ワードとバンドを共にしていた。

この日のセットリストは以下の通り。

Arcarsenal
Pattern Against User
Sleepwalk Capsules
300 MHz
Proxima Centauri
Lopsided
Invalid Litter Dept.
Enfilade
Quarantined
Chanbara
Ursa Minor
Cosmonaut
Metronome Arthritis
Catacombs
Napoleon Solo
One Armed Scissor

観客が撮影したこの日のパフォーマンス映像はこちらから。

ドキュメンタリー『ザ・ビートルズ: Let It Be』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ