GETTY

Photo: GETTY

ジャスティン・ビーバーはファンとのミート&グリートについて「精神的にも、感情的な面でも疲れ果ててしまい、落ち込むことになる」として、今後すべてのファンとのミート&グリートを中止するという。

ジャスティン・ビーバーは現在『パーパス』のワールド・ツアーをアメリカで行っているが、ファンはより高額なチケットを購入することで、ライヴの前にジャスティン・ビーバーに会い、写真を撮ることができるようになっていた。しかし、3月21日に行われたロサンゼルス公演の後、これについてストップをかけ、今後すべてのファンとのミート&グリートを中止することにしている。

「みんな愛しているよ……僕はミート&グリートをキャンセルしようと思ってるんだ。こんなにも素晴らしい人々と会えるのは楽しいんだけど、すごく消耗することになるし、他の人々の精神的なエネルギーで満たされて、それによって消耗して、楽しくないんだよね」とジャスティン・ビーバーはインスタグラムに綴っている。

Love u guys.. I'm going to be canceling my meet and greets. I enjoy meeting such incredible people but I end up feeling so drained and filled with so much of other people's spiritual energy that I end up so drained and unhappy.. Want to make people smile and happy but not at my expense and I always leave feeling mentally and emotionally exhausted to the point of depression .. The pressure of meeting people's expectations of what I'm supposed to be is so much for me to handle and a lot on my shoulders. Never want to disappoint but I feel I would rather give you guys the show and my albums as promised. Can't tell you how sorry I am, and wish it wasn't so hard on me.. And I want to stay in the healthy mindset I'm in to give you the best show you have ever seen ;)

Justin Bieberさん(@justinbieber)が投稿した写真 –

「みんなを笑顔でハッピーにしたいけど、僕の領分じゃないし、精神的にも、感情的な面でも疲れ果ててしまい、落ち込むことになるんだ」と続けている。「僕がどう思われてるかという、会う人々の期待に対するプレッシャーというのは、扱うには大きいものだし、多くが僕の肩にかかっているんだ。がっかりさせたくはないけど、約束通り、ライヴやアルバムを届けるほうがいいと感じてるんだよ。どれだけ申し訳ないかは言うこともできないし、こんなにも辛くなければと思うけど……これまででも最高のライヴを届けるためには健全な精神状態でいたいんだ」

ジャスティン・ビーバーのワールド・ツアーは10月にUKに上陸し、ロンドンの02アリーナで6公演を行った後、バーミンガム、マンチェスター、シェフィールド、グラスゴーで公演が行われる。

UKツアーの日程は以下の通り。

London, The O2 (October 11-12, 14-15, 28-29)
Birmingham, Barclaycard Arena (October 17-18, 24)
Manchester, Arena (October 20-21, 23)
Sheffield, Arena (October 26)
Glasgow, The SSE Hydro (October 27, 29-30)

ドキュメンタリー『ザ・ビートルズ: Let It Be』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ