GETTY

Photo: GETTY

3月22日、ベルギーの首都ブリュッセルの空港と地下鉄でイスラム過激派組織によるテロで少なくとも34人が亡くなったのを受けて、アデルは同日の公演でテロの犠牲者に対して追悼の意を表明している。

アデルは3月22日にロンドンのO2アリーナで公演を行ったが、そのなかで次のように語っている。「わたしたちはみんな同じ理由でここにいるわ。わたしはみんながわたしによって楽しんでもらえたらと思ってる。わたしはここにみんなを楽しませるためにいる。だから、わたしたちは一つなのよ。そして、そのことがあのクソどもよりもわたしたちをずっといいものにするわ」

そして、ボブ・ディランのカヴァーである“Make You Feel My Love”を犠牲者に捧げている。「次は“Make You Feel My Love”という曲よ。今夜、この曲はブリュッセルのための曲よ。みんなにこの曲を全編歌ってほしいわ。そしたら彼らにも聞こえるはずだから」

パフォーマンスの映像はこちらから。

パフォーマンスの後、アデルは次のように語っている。「ライヴの一つでこんなにも感動させられるなんて思わなかったわ。本当に美しかったわ。歌ってくれて、本当にありがとう。彼らにも聴こえたと思うわ」

アデルは、O2アリーナでの8公演のうちの初日となる3月15日の公演で、交際中のカップルが婚約を果たすのを手助けしている。

プロポーズは、アデルがボブ・ディランの”Make You Feel My Love”のカヴァーを歌っている最中に行われたとのことで、その後、アデルによって無名のカップルはステージ上に呼び込まれてプロポーズをしたという。

プロポーズの模様はこちらから。

ドキュメンタリー『ザ・ビートルズ: Let It Be』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ