PRESS

Photo: PRESS

4月8日に通算3作目となるソロ・アルバム『フィーヴァー・ドリーム』をリリースするベン・ワットだが、4月の来日公演のバンド・メンバーが明らかになっている。

ベン・ワットは4月10日に開催されるHostess Club Presents Sunday Specialに、トラヴィスやジョン・グラント、ラプスリーと共に出演するが、バンド・メンバーとして既に発表されていた元スウェードのバーナード・バトラーに加え、ベースにはシネマ・プラハやママス・ガンでの活動で知られるレックス・ホランが、ドラムには70年代後半から活動を開始し、エルトン・ジョンやローリング・ストーンズ、シャーデーなどを支えてきたベテランのマーティン・ディッチャムが決定している。

また、新作『フィーヴァー・ドリーム』からは“Between Two Fires”と“Gradually”の2曲のミュージック・ビデオが公開されている。

リリースの詳細は以下の通り。

2014年に31年ぶりとなるソロ・アルバム『ヘンドラ』をリリースしているベン・ワットだが、本作はセルフ・プロデュースで制作され、ロンドンの有名スタジオのRAKスタジオにてレコーディングされている。

リリースの詳細は以下の通り。

アーティスト名:Ben Watt(ベン・ワット)
タイトル:Fever Dream(フィーヴァー・ドリーム)
レーベル:Unmade Road / Hostess
発売日:2016/4/8(金)
1. Gradually
2. Fever Dream (feat. M.C. Taylor of Hiss Golden Messenger)
3. Between Two Fires
4. Winter’s Eve
5. Women’s Company
6. Faces Of My Friends
7. Running With The Front Runners
8. Never Goes Away
9. Bricks And Wood
10. New Year Of Grace (feat. Marissa Nadler)
※日本盤はボーナストラック、歌詞対訳、ライナーノーツ付
https://itunes.apple.com/jp/album/fever-dream/id1085441543

ドキュメンタリー『ザ・ビートルズ: Let It Be』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ