NME

Photo: NME

ノエル・ギャラガーが再びオアシスの再結成について語っている。

現在、ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズは南米で行われているロラパルーザに出演しているが、それを受けてラジオ番組「89 Radio Rock」でオアシスの再結成について次のように語っている。

「ファンは本当に、本当にそれが起こってほしいみたいだよな。でも、俺は気にしちゃいないんだ。俺はオアシスに20年いて、やるべきことはすべてやった。もし再結成することになったら、それは金のためだよな。それもまったく悪くないんだ。俺だって金は超好きだからな。でも、俺は金を必要としてないんだよ。俺が金を必要になった時は、いつか金が必要になったら、信じてくれ、俺はファッキン再結成をするだろうよ」

また、「La Nacion」の取材を受けたノエルは、オアシスの時よりもソロのほうが楽曲がよくなってると考えているとのことで、リアムが歌うべき曲があるかどうかを尋ねられると、次のように答えている。

「ないね。だって、リアムはまったくいいシンガーじゃないからな」と語り、彼を惜しむことはないとした上で次のように語っている。「俺はあいつとバンドにいただけだよ」

ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズは、先日この夏にスカーブラでライヴを行うことが明らかになっている。

8月に開催されるライサム・フェスティバルへの出演は既に発表されていたノエル・ギャラガーだが、8月3日にスカーブラの野外劇場で公演を行うことを本日発表している。

ヨークシャー州のこの海岸の街でノエル・ギャラガーがライヴを行うのは初めてで、オアシスでは2009年にブリドリントン・スパでライヴを行っている。これはバンドの最後期のライヴの一つで、この公演の8日後にバンドは解散している。

リアム・ギャラガーは後に、ノエルがバンドからの脱退を計画していることを初めて聞いたのがこのブリドリントンでのライヴだとしている。

ノエル・ギャラガーは今夏、ウェールズのフェスティバル・ナンバー6やケンドール・コーリングといったいくつかのフェスティバルに出演する予定となっている。

ドキュメンタリー『ザ・ビートルズ: Let It Be』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ