SHAMIL TANNA/NME

Photo: SHAMIL TANNA/NME

ケンドリック・ラマーが、マンチェスターで開かれたミュージック・ワークショップに立ち寄り、若いファンたちを驚かせている。

主催したのはリーボックで、地元の若いラップ・ミュージシャンのためにワークショップを開催している。リーボックはケンドリック・ラマーのスポンサーでもあることから、彼がこのワークショップに立ち寄り、参加していた子供たちが多いに驚くことになったという。

映像では、ケンドリック・ラマーが、ラップの技術を披露する10代の子供たちを見てから、マイクを握りしめて即興のパフォーマンスを行っている。

突如発表されたアルバム『untitled unmastered.』は3月4日にリリースされているが、この作品は、『NME』による2015年アルバム・オブ・ザ・イヤーで第2位を獲得した、昨年リリースの『トゥ・ピンプ・ア・バタフライ』に続く、コンプトン出身のラッパーによる4作目のフル・アルバムとなっている。

別のプロデューサーであるサウンウェイヴは、ケンドリック・ラマーがさらに別の新曲を近々リリースすることをほのめかしている。サウンウェイヴは『コンプレックス』誌に対して次のように語っている。「僕たちは、今回のアルバムのために(他にも)たくさん録音しているんだよ。みんなが聞いたことのない音源もまだあるんだけど、それは主に、サンプリングした音源の使用について許可が下りなかったのが原因でね」

ワークショップでのパフォーマンスの映像はこちらから。

ドキュメンタリー『ザ・ビートルズ: Let It Be』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ