PRESS

Photo: PRESS

リッチー・ブラックモアズ・レインボーが、2016年初となるオフィシャル写真を公開している。

現在のリッチー・ブラックモアズ・レインボーは、リッチー・ブラックモアのほか、ローズ・オブ・ブラックのシンガーであるロニー・ロメロ、ストラトヴァリウスのキーボーディストであるイェンス・ヨハンソン、ブラックモアズ・ナイトのドラマーであるデヴィッド・キースとベーシストのボブ・ヌーヴォーというラインナップとなっている。

リッチー・ブラックモアは今年、ヨーロッパでの3回のライヴでレインボーとディープ・パープルの楽曲を演奏する予定となっている。これはリッチー・ブラックモアにとって20年ぶりのロック・ショウとなっており、UKで1公演、ドイツで2公演を行う予定となっている。

また、リッチー・ブラックモアが2月に、指の関節に尿酸が過剰に蓄積したため手術を受けたことが明らかになっている。

リッチー・ブラックモアは昨年テレビ番組「リッチ・ダヴェンポート・ロック・ショウ」で自身の手についての懸念を語っていた。「最大の敵は関節炎とかだな。僕の手に忍び寄ってくるんだ。それと闘わなきゃならない。もちろん、この歳になれば、なんだって弾けると思うようになるものさ」

手術を受けたために約1ヶ月演奏ができなくなるが、夏のライヴには影響はないという。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ