PRESS

Photo: PRESS

シーアが米テレビ番組「ザ・ジミー・キンメル・ライヴ」でのサウス・バイ・サウス・ウェストの中継で“Bird Set Free”のライヴ・パフォーマンスを披露している。

“Bird Set Free”はシーアの新作『ディス・イズ・アクティング』に収録されており、同作には他のアーティストへの楽曲提供のために書いたものの、自身の下にキープしておいた楽曲が収録されている。『ディス・イズ・アクティング』にはカニエ・ウェストとのコラボレーションによる“Reaper”も収録されており、“Chandelier”や“Elastic Heart”といったヒット曲を収録した2014年発表のアルバム『1000 フォームズ・オブ・フィアー』に続く作品となっている。

音楽サイト「コンシークエンス・オブ・サウンド」によれば、シーアはサウス・バイ・サウス・ウェストの「サムスン・ギャラクシー・ライフ・フェス」でパフォーマンスを行っており、その模様が現地時間3月14日の「ザ・ジミー・キンメル・ライヴ」で中継されている。

シーアによる“Bird Set Free”のパフォーマンス映像はこちらから。

シーアは先日5年ぶりとなるツアー日程の詳細を発表している。彼女は来夏フィンランドのフロー・フェスティバルやスウェーデンのウェイ・アウト・ウェスト・フェスティバルに出演する予定となっていて、4月に行われるコーチェラ・フェスティバルでのパフォーマンスが2011年以来最初のものとなる。

フロー・フェスティバルは8月12日から14日にわたってヘルシンキ中心部の発電所跡地で行われるもので、シーアのほかにM83、チャーチズ、ジェイミー・エックス・エックス、ストームジー、フォー・テットらが出演する。

シーアは同じ週にヨーテボリで開催されるウェイ・アウト・ウェスト・フェスティバルにも出演する。こちらのフェスにはM83、チャーチズ、ジェイミー・エックス・エックス、ストームジーのほか、アンナ・フォン・ハウスウォルフが出演する。

【独占配信】ドキュメンタリー『ザ・ビートルズ: Let It Be』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ