PRESS

Photo: PRESS

ジョニー・グリーンウッドが現地時間3月11日にロンドンのバービカン・ホールでアルバム『ジュヌン』をライヴで初披露している。

レディオヘッドのギタリストであるジョニー・グリーンウッドは、イスラエル出身の作曲家であるシャイ・ベン・ツルや、インドの伝統音楽のミュージシャンのグループであるラージャスターン・エクスプレスといったコラボレーターと共にアルバムに参加している。

アルバム『ジュヌン』はレディオヘッドのプロデューサーであるナイジェル・ゴッドリッチと共に昨年インドでレコーディングされ、11月にリリースされている。

レコーディングの模様はアルバムと同名のドキュメンタリー作品のために映画監督のポール・トーマス・アンダーソンによって撮影されており、昨年10月のニューヨーク映画祭で初公開されている。

バービカン・ホールでのライヴは観客によって多数の映像が撮影されている。そのうちのいくつかはこちらから。

Standing ovation for #Junun #live at the @BarbicanCentre #jonnygreenwood #shyebentzur #therajasthanexpress 👏🏻🎺

Lorian Reed-Drakeさん(@loriangrd)が投稿した動画 –

#Junun x #ShyeBenTzur x #JonnyGreenwood = 💃🏽

Andy Neilsonさん(@andyneilson_)が投稿した動画 –

#London #Barbican #Convergence #ShyeBenTzur #JonnyGreenwood #RajasthanExpress #Sufi #Qawwali

Balraj_Randhawaさん(@balraj_randhawa)が投稿した動画 –

Standing star-struck as Jonny Greenwood walks into the changing room with Paul Thomas Anderson after an awesome night. JUNUN!!

Micheleさん(@mic.mac.insta)が投稿した動画 –

一方、レディオヘッドは3月19日にニューヨークで開演する舞台でレナ・ホールとマイケル・C・ホールによってトリビュート公演が行われることが明らかになっている。

ヘドウィグ・アンド・アングリーインチのミュージカルに出演していた二人はマンハッタンのカフェ・カーライルで「レディオヘッド:オブセスト」と題された公演を行うという。

米『ビルボード』誌によれば、20曲に及ぶレディオヘッドのバンドのカタログからの楽曲を披露するという。

パフォーマンスは、バンドのデビュー曲“Creep”から最新作『ザ・キング・オブ・リムス』まで全キャリアを包括したものになるとしている。

ドキュメンタリー『ザ・ビートルズ: Let It Be』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ