GETTY

Photo: GETTY

英『ザ・ミラー』紙が、ザ・ストーン・ローゼズがサード・アルバムをリリースすると報じている。

ザ・ストーン・ローゼズは6月にマンチェスターのエティハド・スタジアムで4公演を行うほか、ダブリンでの単独公演や、マディソン・スクウェア・ガーデンでの公演を行い、今年のT・イン・ザ・パークでヘッドライナーを務めることがこれまでに発表されている。

ザ・ストーン・ローゼズは、6月2日と6月3日に日本武道館で来日公演を行うことも発表されている。

『ザ・ミラー』紙に情報筋は次のように語っている。「イアン・ブラウンと連中は次のアルバムを準備するのにかかっているんだ。3枚目のアルバムになるよ」

「長い時間がかかったけど、でも、彼らは今だと感じているんだ」

「彼らはスタジオに入ってるんだ。みんな、このことに興奮してるよ」

しかし、バンドの広報担当者は正式なコメントを出していない。

ノエル・ギャラガーは、ザ・ストーン・ローゼズの今回のライヴについてバンドがニュー・アルバムを出すのであれば行くと語っていた。

BBCラジオ2のジョー・ウィリーの番組でノエル・ギャラガーは次のように語っていた。

「イアン・ブラウンが“Champagne Supernova”を歌うところを見てみたいもんだね」と冗談を飛ばし、ノエル・ギャラガーはこう続けている。「もし頼まれれば、そうだね。でも、ライヴに行く予定はしてないんだ。最後になった公演にも行ってないんだ。数回一緒にやったけどね。もし彼らが新しいレコードを作るって言うなら見に行くだろうけど、でも前にも会ってるからね」

【独占配信】ドキュメンタリー『ザ・ビートルズ: Let It Be』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ