TrashcanSinatras

本日、フジロックフェスティバル ‘16への出演が発表されたトラッシュキャン・シナトラズが、5月4日に7年ぶりとなる新作『ワイルド・ペンデュラム』をリリースすることが明らかになっている。

トラッシュキャン・シナトラズは80年代にスコットランドにて結成され、オレンジ・ジュースやアズテック・カメラなどのネオアコ勢のサウンドを継承する形で90年にファースト・アルバム『ケイク』でデビューし、今年通算6作目となる新作アルバム『ワイルド・ペンデュラム』をリリースする。

新作はブライト・アイズのマイク・ノーギスによるプロデュースで、ヴォーカルのフランシス・リーダーは本作のテーマについて「ドラマティックで、遊び心があり、神々しく、そして少しだけ邪悪なサウンド」と語っている。アルバム・タイトルは、チェコ出身の思想家・医療エンジニアであるイツァク・ベントフの著書からインスパイアされたという。

トラッシュキャン・シナトラズの来日は2010年のサニーデイ・サービスとのカップリング・ツアー以来となる。

リリースの詳細は以下の通り。

トラッシュキャン・シナトラズ / 『ワイルド・ペンデュラム』
2016年5月4日 日本盤先行発売 VICP-65370 \2,500+税
歌詞・対訳・解説付 日本盤ボーナス・トラック1曲収録
1. Let Me Inside (Or Let Me Out)
2. Best Days On Earth
3. Ain’t That Something
4. Autumn
5. I Want To Capture You Heart
6. All Night
7. The Neighbour’s Place
8. The Family Way
9. I’m Not The Fella
10. What’s Inside The Box?
11. Waves
12. I See The Moon
13. Sign Of Life (Demo) ※
※…日本盤ボーナス・トラック

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ