GETTY

Photo: GETTY

ザ・ビートルズのアルバムのプロデュースを手がけたことで知られるプロデューサーのジョージ・マーティンが亡くなったことを受けて、ポール・マッカートニーが自らのオフィシャル・サイトで声明を発表している。

報道によれば、ジョージ・マーティンの死因についてはまだ明らかにされていないが、遺族は事実を認めており、現在はプライバシーへの配慮を求めている。

ポール・マッカートニーによる声明の全文訳は以下の通り。

http://www.paulmccartney.com/news-blogs/news/paul-mccartney-on-george-martin

「ジョージ・マーティンの訃報を聞いて、とても悲しい気持ちでいます。偉大な人物である彼とは、本当にたくさんの素晴らしい思い出があり、その思い出は永遠に僕の中から消えることはありません。彼は本当の紳士であり、僕にとっては二人目の父親のような存在でした。技術と気の利いたユーモアでザ・ビートルズのキャリアを導いてくれた彼は、僕と僕の家族の真の友人になりました。もし誰かが5人目のザ・ビートルズの座を得ることができるとすれば、その座はジョージのものです。彼がザ・ビートルズの最初のレコーディング契約を結んだ日から、僕が彼に最後に会った日まで、最も寛大で、聡明で、音楽に精通した彼と知り合うことができたことを光栄に思ってます。

ジョージとすごした日々の中で、一番気に入っている思い出を選ぶのは難しいことです。たくさんの思い出がありますが、一つ思い浮かぶのは、僕がレコーディングの場に自分で書いた”Yesterday”を持って行った時のことです。ギターを弾きながら、僕が一人で歌ったらどうかと、メンバーが言ったことがありました。一人で歌った後、ジョージ・マーティンは僕に『ポール、この曲に弦楽四重奏を加えるという考えがあるんだ』と言ってきました。『いやいや、ジョージ。僕たちはロックンロール・バンドなんだ。それはいいアイディアとは言えないな』と僕は答えました。労わるような優しい口調で、偉大なるプロデューサーである彼は僕に言いました。『試してみよう。もしうまくいかなかった時は弦楽器を入れずに、君のソロ・ヴァージョンでいけばいいじゃないか』。僕は彼の意見に同意して、次の日にはアレンジを加える作業をするために、彼の家に行ったんです。

彼は僕が見せたコードを使って、ピアノで音符の幅を広げ、低いオクターヴのチェロや高いオクターヴでの第一ヴァイオリンを付け加え、弦楽四重奏がどんな音を持っているか、初めてのレッスンを僕にしてくれたのです。彼のアイデアが生きていたのは明らかで、その曲は結果として、フランク・シナトラやエルヴィス・プレスリー、レイ・チャールズ、マーヴィン・ゲイをはじめとした何千ものアーティストによって、最も多くレコーディングされた曲の一つとなりました。

ジョージについて僕が持っているたくさんの思い出のうちの一つでしかないですが、彼は“Eleanor Rigby”や“Live and Let Die”をはじめ、たくさんの僕の曲のアレンジを手助けし続けてくれたのです。

鋭いユーモアのセンスを兼ね備え、自分自身を嘲ることもできた、あんなにも素晴らしい紳士と知り合えたことを誇りに思っています。女王からナイトの称号を送られた時でさえ、彼については鼻にかける様子は微塵もありませんでした。

彼の親しい友人であった僕と僕の家族は、彼のことを非常に惜しみ、彼の妻であるジュディと、子どもたちのジャイルズとルーシー、そして孫たちに我々の愛を送ります。

私の魂とイギリス音楽の歴史に消えることのない跡を遺した真に偉大な人を世界は失いました。

ジョージ・マーティンと、あなたの港に入港したすべての人々に神の御加護がありますように」

Copyright © 2018 TI Media Limited. NME is a registered trademark of TI Media Limited being used under licence.

関連タグ