NME

Photo: NME

ザ・ビートルズのアルバムのプロデュースを手がけたことで知られるプロデューサーのジョージ・マーティンが亡くなったことを受けて、リアム・ギャラガーがツイッターで追悼の意を表明している。

ジョージ・マーティンが亡くなったことはザ・ビートルズのドラマーであるリンゴ・スターのツイートによって知らされることとなった。

https://twitter.com/ringostarrmusic/status/707420462620381184

https://twitter.com/ringostarrmusic/status/707421932522577920

リアム・ギャラガーは次のようにツイートしている。「サー・ジョージ・マーティン、安らかに。リアム・ギャラガー」

ショーン・レノンも次のようにインスタグラムに投稿している。「安らかに、ジョージ・マーティン。うちのめされて多くの言葉もありません。奥さまのジュディと息子のジャイルズのことを考えています。常に愛を」

R.I.P. George Martin. I'm so gutted I don't have many words. Thinking of Judy and Giles and family. Love Always, Sean

Sean Ono Lennonさん(@sean_ono_lennon)が投稿した写真 –

ジョージ・マーティンは1926年にロンドンで生まれ、1947年に海軍を除隊後、1950年にアビー・ロード・スタジオへアルバイトとして入社し、ジャズやラウンジ、コメディのレコードをパーロフォンでレコーディングし、最終的にA&Rのトップとなっている。ザ・ビートルズのプロデュースにおいては「5人目のビートル」と呼ばれ、1996年にナイトの称号を与えられている。

ザ・ビートルズについては、ロンドンのアビイ・ロード・スタジオで行われたザ・ビートルズのレコーディング・セッションの模様を生で再現する公演「ザ・セッションズ」が開催されることも決定している。

「ザ・セッションズ」は、アビイ・ロード・スタジオでザ・ビートルズを担当した伝説のレコーディングエンジニア、ジェフ・エメリック監修によるもので、ギター、アンプ、マイク等も当時の機材を使用し、総勢約50名の外国人ミュージシャン/シンガーにより、当時のレコーディング収録曲を、演奏、アレンジメント、そしてハーモニーにおいて忠実に再現するものとなっている。

日本公演も決定しており、日本公演の初日は、ザ・ビートルズが50年前に日本公演初日を行った6月30日で、会場も同じ日本武道館となっている。

公演の詳細は以下の通り。

来日50周年記念 日本武道館公演
「ザ・セッションズ」
〜ザ・ビートルズ at アビイ・ロード・スタジオ〜

【公演日程】
2016年6月30日(木) 開演 19:00(予定)
2016年7月1日(金)[昼公演] 開演 14:00(予定)
[夜公演] 開演 19:00(予定)

【会場】日本武道館

【料金(全席指定・税込)】
S席:10,500円 A席:9,500円 B席:8,500円
※未就学児童入場不可

更なる公演の詳細は以下のサイトで御確認ください。

http://sessions-japantour.com

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ