GETTY

Photo: GETTY

コートニー・ラヴが3月7日にサンフランシスコで開催されたPJハーヴェイのカヴァーを披露している。

コートニー・ラヴは作曲家/劇作家のトッド・アーモンドとカラン・シアターでトークショーを開催し、コートニー・ラヴとトッド・アーモンドによる「カンサス・シティ・クワイアー・ボーイ」のミュージカルでのコラボレーションの楽曲も披露したという。

コートニー・ラヴはPJハーヴェイの“To Bring You My Love”のカヴァーも披露している。同曲は1995年発表の同名のアルバムの冒頭を飾る楽曲となっている。

2014年に「ピッチフォーク」に対してコートニー・ラヴはPJハーヴェイによる音楽的影響について語っている。「初期のPJハーヴェイは、いまだにわたしをインスパイアしてくれるものだし、まだあそこまで行けてないなと分からせてくれるものなの」と彼女は語っている。「常に彼女のほうがわたしより素晴らしいことを知ってるし、それが好きなの。わたしより素晴らしいギター・プレイヤーで、詞について通じていて、わたしよりずっとすごい人がいることを知るのが好きなのよ」

コートニー・ラヴによるカヴァーはこちらから。

また、コートニー・ラヴは1月のロサンゼルスでのパフォーマンスでレディオヘッドの“Creep”もカヴァーしている。

これはソングライターでプロデューサーのリンダ・ペリーによって開かれたプライベート・パーティーで披露されたもので、パーティーにはコートニー・ラヴの娘であるフランシス・ビーン・コバーンも出席しており、母親のカヴァーについて次のようにツイートしている。「今夜は私のママの超格好いい姿を観られたわ。あと、レディオヘッドの”Creep”がハチャメチャになってた。愛してる」

Copyright © 2019 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ