Dean Chalkley/NME

Photo: Dean Chalkley/NME

ノエル・ギャラガーが『NME』のインタヴューで、音楽フェスティバル「T・イン・ザ・パーク」で共にヘッドライナーを務めるアヴィーチーについて語っている。

7月10日〜12日の3日間にわたってスコットランドはパースシャーのストラットハラン城において開催されているT・イン・ザ・パークだが、金曜日のヘッドライナーであるカサビアンに続き、アヴィーチーが土曜日に、ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズが日曜日にヘッドライナーを務める。

フェスティバル会場で他のアーティストと親睦を深めることについて尋ねられると、ノエル・ギャラガーは次のように語っている。「アヴィーチーについては何も知らないんだ。アヴィーチーについては何も知りたくないんだよ。まるでルネッサンス期のアーティストみたいだろ」

そして、こう続けている。「知らないんだ。デヴィッド・ゲッタみたいなもんなんだろ? ばかげてるね」

自身が出演する前日にアヴィーチーがライヴを行うのを聞くと、「心配しないでいいよ。その後で俺がなんとかするから」と答えている。

T・イン・ザ・パークには他にザ・リバティーンズ、ステレオフォニックス、サム・スミス、ザ・プロディジー、アルト・ジェイらが出演する。

ノエル・ギャラガーは以前にもエレクトロニック・ミュージックの現状について以下のように語っている。「今じゃダンス・ミュージックも他愛もないもんだよな。どんなバカでもできるんだよ。すげえ安直でさ。誰だってできるんだよ」

また、フェスティバルへの出演については「ともかくステージに立って、75%の力でやればいいんだよ」というアドバイスを『NME』に語っている。

【独占配信】ドキュメンタリー『ボン・ジョヴィ:Thank You, Good Night』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ