GETTY

Photo: GETTY

ビヨンセが娘のブルー・アイヴィーが通う学校を寄付を募るために訪れている。

ビヨンセはロサンゼルスで開催されたセンター・フォー・アーリー・エデュケーションの75周年大会に出席し、ホイットニー・ヒューストンの“I Will Always Love You”のカヴァーを披露している。

ビヨンセは他にも自身のヒット曲である“Crazy in Love”、“XO”、“Single Ladies”も披露している。

ビヨンセによるホイットニー・ヒューストンの“I Will Always Love You”のカヴァーはこちらから。

先月、ビル・ゲイツはビヨンセが新曲“Formation”で彼に触れたことについて反応している。

マイクロソフトによる億万長者として知られるビル・ゲイツだが、4月にニュー・アルバムをリリースするのではと噂されているビヨンセの新曲で名前が挙げられており、「黒人のビル・ゲイツが生まれつつある」と歌っている。

米『ワイアード』誌にビル・ゲイツは、自身のオフィスのスタッフが教えてくれて、この曲を聴いたと語っている。「うん。うちのオフィスのスタッフが歌詞のコピーを渡してくれるまで、彼女がそんなことをしてるなんて知らなかったんだ。『本当かい? 奇妙な言葉の組み合わせが並んでるようだけど』って言ったんだ」

彼は「驚いた」として、こう続けている。「スーパー・ボウルでこの歌詞を歌ったのか知らないんだけど、彼女は歌ったの? 人々が僕のことを成功してると思ってくれることはいいことだけどね。ビヨンセには会ったことないんだ。Bingで検索して、知らずに僕の名前がどんな形で使われているのか調べてみないといけないね」

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ