GETTY

Photo: GETTY

カニエ・ウェストは、海賊サイトでソフトウェアをダウンロードしたと思われるツイートでデッドマウスに激しく批判されたことを受けて反撃している。

カニエ・ウェストは3月1日にスフィアン・スティーヴンスの楽曲のスクリーンショットをツイートしたところ、ブラウザの別タブで人気のビットトレント・サイト「パイレート・ベイ」を訪問していたことを誤って明らかにしていた。

カニエ・ウェストはデジタル・シンセサイザーのプラグインである「Serum」の海賊版をダウンロードしようとしたことでデッドマウスから激しく叱責を受けることになっている。

「何なんだよ、@kanyewest…… Serumを買う余裕がないってか? チンコ野郎」

現地時間3月2日、カニエ・ウェストはデッドマウスのネズミ頭のコスチュームをからかって反論している。

「この人の名前ってデッドマウファイヴって発音すんのか」

「OK。真面目な疑問なんだ」

「飛行機に頭を運んでくるのは誰の仕事なんだ? お前はミッキー・マウスの頭をチェックして、そんなことを続けてるの? それってホットなの?」

「OK。もう一つの超真面目な疑問なんだけど、携帯の扇風機は

https://twitter.com/kanyewest/status/705099712353968129

「お前は大量のダウンロードでタイダルの加入者を増やしてくれたよな」

「退屈だよ。お前が結婚する時、妻はデカいミニー・マウスの頭を持ってんのか? これは俺の日々を明るいものにしてくれたよ。ありがとう、デッドマウファイヴ」

「誕生日パーティーはやってる? 俺の娘がミニー・マウスが大好きなんだ」

「ミニー・マウスの頭を持ってきてくんねえかな? お前のじゃなくて。娘はミニー・マウスだけが好きなんだよ」

「彼女のパーティーでミニー・マウスの頭でデッドマウファイヴにパフォーマンスをやってもらわなきゃならないんだ。ミッキー・マウスの頭のデッドマウファイヴじゃなくてね」

「俺は生来ディテイルにこだわるんだ。違いが分かるからね。元々の頭でお辞儀をしようとなんてしないでくれよ」

カニエ・ウェストとデッドマウスは、ともにジェイ・Zによる新音楽サービス「タイダル」の共同オーナーになっている。両者は昨年行われた「タイダル」の記者会見に揃って出席している。

また、カニエ・ウェスト陣営は「ピッチフォーク」に対して問題のパソコンは彼のものではないと発表している。あのツイートは最新作『ザ・ライフ・オブ・パブロ』の海賊盤が流行していることに言及した冗談を意図したものだとしている。

【独占配信】ドキュメンタリー『ボン・ジョヴィ:Thank You, Good Night』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ