GETTY

Photo: GETTY

エレクトロニック・プロデューサーであるデッドマウスが、カニエ・ウェストが音楽作曲ソフトを違法にダウンロードしているツイートを投稿したのを受けて、公の場で批判している。

カニエ・ウェストは、先日YouTubeでスフィアン・スティーヴンスの”Death With Dignity”を聴いているスクリーンショットをツイッターに投稿している。

デッドマウスは、後日、トリミングして拡大した画像と共に反応しており、ソフトウェアの「Serum」をトレント・ファイルでダウンロードするタブを示している。「Serum」はXfer Recordsが製作している音楽作曲ソフトウェアで、このレーベルはデッドマウスとの共同設立となっている。

デッドマウスは次のようにツイートしている。「何なんだよ、@kanyewest…… Serumを買う余裕がないってか? チンコ野郎」「@kanyewestがSerumを買えるようKickstarterを始めよう……」「彼には200ドルってちょっとした融資が必要だけどね #prayforyeezy」

カニエ・ウェストはデッドマウスによる批判やコメントに対してまだ返答していない。

カニエ・ウェストとデッドマウスは、ともにジェイ・Zによる新音楽サービス「タイダル」の共同オーナーになっている。両者は昨年行われた「タイダル」の記者会見に揃って出席している。

カニエ・ウェストは2月14日に最新アルバム『ザ・ライフ・オブ・パブロ』をリリースしているが、すでに次のアルバム制作に取りかかっており、タイトルは『ターボ・グラフィックス 16』になると報じられている。最近では、プロデューサーであるマイク・ディーンやコラボレーターであるキッド・カディらと共にスタジオで写る写真が公開されている。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ