JORDAN HUGHES/NME

Photo: JORDAN HUGHES/NME

8月26日から28日にわたってリッチフィールド・アヴェニューとブラムハム・パークで同時開催されるレディング&リーズ・フェスティバルの最後のヘッドライナーが発表されている。

これまでヘッドライナーとしてはレッド・ホット・チリ・ペッパーズと、フォールズとディスクロージャーが共同で務めることが発表されていたが、今回新たにビッフィ・クライロとフォール・アウト・ボーイが共同でヘッドライナーを務めることが発表されている。

2013年にもヘッドライナーを務めたビッフィ・クライロは以下のコメントを寄せている。「戻ってくるぞ! 今年の夏のレディング&リーズを締めくくらないかと頼まれて光栄だね。前回は人生でも最高の夜の一つだったんだ。2016年はよりデカく、より素晴らしいものにするためにできる限りのことをやるつもりだよ」

「レディング&リーズの共同ヘッドライナーをやるなんてほんとに超現実的なことだったんだ」とフォール・アウト・ボーイはコメントを寄せている。「レディング&リーズはアメリカ以外で初めてのフェスティバル体験で、最初の時から圧倒されて、毎回すごく思い出深い体験になってるんだ。いよいよだね。俺たちにとっても大きなことで、参加できるのに興奮してるよ」

昨年ははマムフォード&サンズ、メタリカ、ザ・リバティーンズがヘッドライナーを務めていた。

ヘッドライナー以外にもチャーチズ、ハイム、ザ・ヴァクシーンズ、エイサップ・ロッキー、トラヴィス・スコット、ジャック・ガラット、ザ・ウォンバッツ、サヴェージズ、ダイ・アントウッド、スキンドレッド、ブロッサムズ、マキシモ・パーク、ザ・ネイバーフッドらの出演が発表されている。

「今年はレディング&リーズ・フェスティバルにとって本当に大きな年です」と主催者のメルヴィン・ベンは語っている。「5組のヘッドライナーが3日にわたって出演します。これはレディング&リーズにとっても、UKのフェスティバル・シーンにとっても初めてのことです。我々は常にレディング&リーズのファンに新しいものを提供しようとしています。今年がっかりすることはないでしょう。ビッフィ・クライロもフォール・アウト・ボーイも、途轍もないことになるでしょう」

レディング&リーズ・フェスティバルは、2014年にもパラモアとクイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジの共同ヘッドライナーを出演させている。

今年のラインナップはこちらから。

http://www.readingfestival.com/line-up/poster

Copyright © 2022 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ