GETTY

Photo: GETTY

アーロン・カーターはツイッターで共和党大統領候補であるドナルド・トランプへの支持を表明している。

2月27日にアーロン・カーターは、自らの独自の件についてトランプのツイートに返信する形でツイートしており、アメリカは追随する大統領を求めてるのか、それとも牽引してくれる誰かなのか? 俺はドナルド・トランプに投票するよ」と綴っている。

すぐにファンからの怒りの返答で炎上することになったが、それから数時間をかけて返答している。

最後のツイートのなかの一つで、フラストレーションを露わにしている。「この件でいじめられたくなんかないね。おしまい」

主なツイートは以下の通り。

俺は何も期待してないよ。ゲイの結婚禁止も支持しないし、移民政策も支持しない。でも、ビジネスマンのドナルド・トランプに俺は投票するよ。

どうやら僕の意見や見方は影響力があるみたいだね。まるで僕の問題じゃなくて、君の問題のように聞こえるよ。

アーロン・カーターは2013年に約200万ドル(約2億2500万円)相当の負債を背負って、自己破産を申請している。

ゴシップサイト「TMZ」によれば、バックストリート・ボーイズのニック・カーターの弟であるアーロン・カーターは、2,204,854ドルの負債があったのに対して、自身の試算は8,232ドルしかなかったという。また納税局のIRSに1,368,140ドルの負債もあったという。

当時25歳だったアーロン・カーターの代理人であるスティーヴ・ホーニッグは「TMZ」に次のように語っている。「彼が支払うように言われている負債の大半は10年以上前、彼が未成年で財産を管理していない時のものです」

Copyright © 2019 TI Media Limited. NME is a registered trademark of TI Media Limited being used under licence.

関連タグ