GETTY

Photo: GETTY

亡くなったデヴィッド・ボウイの息子が、父親であるデヴィッド・ボウイに送られたブリット・アウォーズの授賞式での追悼パフォーマンスに対して賛辞のコメントをしている。

2月24日にロンドンのO2アリーナで行われたブリット・アウォーズの授賞式では、ロードがデヴィッド・ボウイのバック・バンドを従えて“Life On Mars?”のカヴァーを披露している。

デヴィッド・ボウイはアイコン賞の受賞と共に讃えられている。アイコン賞のプレゼンターを務めたユーリズミックスのシンガーであるアニー・レノックスがデヴィッド・ボウイへの賛辞のメッセージを送り、デヴィッド・ボウイの友人である俳優のゲイリー・オールドマンが代理として賞を受け取り、以下のようなコメントをしている。「恐ろしい状況だったにもかかわらず、彼は信じられないほどの勇気と威厳、品格、そして持ち前のユーモアを持って病気に向き合っていた。彼が癌を患っているという悲しいニュースを知らせてきた時、彼はこう言ったんだ。『昔のように頬骨が出てきて嬉しい』ってね」

このような追悼を受け、デヴィッド・ボウイの息子であるダンカン・ジョーンズはツイッターに以下のような投稿をしている。「やっと今夜のブリット・アウォーズを観られた。とにかく……美しかった。どうもありがとう」

映画監督であるダンカン・ジョーンズは過去にレディ・ガガのグラミー賞での追悼パフォーマンスを批判し、以下のような投稿をしている。「『非常に興奮し、理性を失った状態。多くの場合、のぼせ上がった、または過度に熱狂した結果起こる。精神的に混乱した状態』クソ! この言葉は一体なんなんだ!?」

ブリット・アウォーズ全編の模様はこちらから(ロードのパフォーマンスは2時間24分28秒かから)。

アニー・レノックスとゲイリー・オールドマンによる追悼スピーチはこちらから。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ