PRESS

Photo: PRESS

キャットフィッシュ・アンド・ザ・ボトルメンが先日公開した新曲“Soundcheck”をバックにスタジオでの映像を公開している。

新曲“Soundcheck”は、デイヴ・サーディーのプロデュースによる楽曲で、2014年にリリースされた彼らのデビュー・アルバム『ザ・バルコニー』以来、最初の音源となっている。

“Soundcheck”は今年リリース予定のニュー・アルバムに収録されるものと見られている。

「前作はサポート・アクトのような感じだったんだ。この“Soundcheck”や次のアルバムこそがヘッドライナーのものなんだよ」と“Soundcheck”についてフロントマンのヴァン・マッキャンは語っている。

“Soundcheck”のスタジオ映像はこちらから。

キャットフィッシュ・アンド・ザ・ボトルメンは5月28日のリバプール・サウンド・シティや6月8日にマンチェスターのキャッスルフィールド・ボウルで開催される公演のヘッドライナーを務め、多くのフェスティバルにも出演する。

また、キャットフィッシュ・アンド・ザ・ボトルメンは2月24日に開催されたブリット・アウォーズの授賞式で、「ブリティッシュ・ブレイクスルー・アクト賞」を受賞している。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ