PRESS

Photo: PRESS

ベックがニルヴァーナの現存メンバーと協力して、グラミー賞前のパーティーでデヴィッド・ボウイへの追悼の意を表明したパフォーマンス映像の全編が公開されている。

この“The Man Who Sold The World”のカヴァーについては先日アマチュアによる撮影映像が公開されていたが、今回ヴォーカルにベック、ギターにパット・スメア、ベースにクリス・ノヴォゼリック、ドラムにデイヴ・グロールというラインナップでの全編映像が公開されている。

パフォーマンス映像はこちらから。

プロデューサーのクライヴ・デイヴィスが毎年開催しているグラミー賞前のパーティーが2月14日に開催されており、フェッティ・ワップやメリッサ・エスリッジ、バリー・マニロウ、カーリィ・サイモン、アース・ウィンド・アンド・ファイアー、シカゴ、トリー・ケリーらもパフォーマンスを披露したという。

司会者のジェイムズ・コーデンは、その部屋のアーティストの過剰さに「去年、タイダルと最初に契約した以上の人々がこの部屋にはいる」と冗談を飛ばしたという。

元々の“The Man Who Sold The World”のカヴァー映像はこちらから。

アダム・ランヴァートとファン/ブリーチャーズのジャック・アントノフによるデヴィッド・ボウイのカヴァーでパーティーは締めくくられたという。二人は“Let’s Dance”のカヴァーを披露している。

“Let’s Dance”のカヴァー映像はこちらから。

2016年のグラミー賞はLL・クール・Jが司会を務め、レディー・ガガがデヴィッド・ボウイの追悼パフォーマンスを行っている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ