Photo: GETTY

プロスケーターのトニー・ホークはキアヌ・リーヴスのバンドであるドッグスターをポッドキャストに迎えて自身の最も好きなバンドについて語っている。

ゲーム『トニー・ホーク プロ・スケーター』はシリーズ第1弾から今年で25周年となっており、ドッグスターのメンバーはシリーズのサウンドトラックに言及している。

ゲーム『トニー・ホーク プロ・スケーター』シリーズは若い世代にとってオルタナティヴ・ミュージックへの入口となっていて、パンクからニュー・メタルといったジャンルの音楽が収録されている。ゲームをきっかけにミレンコリン、ゴールドフィンガー、フー・マンチューといったバンドのキャリアは大きな影響を受けることになり、数十年にわたってアーティストとファンの両方から支持されるシリーズとなっている。

キアヌ・リーヴスに最も好きなスケーティング・バンドを訊かれたトニー・ホークは次のように答えている。「好きなバンドというか、誰もがその後を追うことになったのはギャング・オブ・フォーだよね。あらゆるものがその周りにあるんだよ」

トニー・ホークはゲーム『プロ・スケーター』のサウンドトラックを作るにあたって、自分がどっぷりだったシーンの真似をしようとしたと説明している。

「音楽はスケーティングの大きな部分を占めていた。特に70年代から80年代の黎明期においてはね」とトニー・ホークは語っている。「だから、ゲームをやることになった時、音楽も含めて、そのカルチャーを体現したかったんだ。それで、若い頃に聴いていたバンドを入れることにした。簡単に収録することができたんだ」

ドッグスターのドラマーであるロブ・メイルハウスが音楽を聴かないでスケーティングをしたことはあるのかと尋ねると、トニー・ホークはスケートパークには常に音楽があると語っている。「大体はスピーカーからKROQが流れていたね。KROQはその手のサウンドだっただろ。『ロドニー・オン・ザ・ロック』のコンピは初めて買ったレコードだった。だから、昔の音楽ついては自分が貢献したと言えるよ」

「それに新しいバンド、ゴールドフィンガーとか、パワーマン5000とか、フー・マンチューみたいな新しいバンドについては妥協しない音楽部門があったんだよね」

ドッグスターは昨年10月に23年ぶりとなるアルバム『サムウェア・ビトウィーン・ザ・パワー・ラインズ&パーム・ツリーズ』をリリースしている。

【独占配信】ドキュメンタリー『ボン・ジョヴィ:Thank You, Good Night』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ