Photo: PRESS

シャーロット・デイ・ウィルソンは朝霧JAM’24出演に際して単独来日公演が行われることが決定している。

シャーロット・デイ・ウィルソンは今年5月にXLレコーディングスよりセカンド・アルバム『シアン・ブルー』をリリースしている。

トロントで生まれ育ったシャーロット・デイ・ウィルソンは2016年のEP『CDW』と2018年のEP『ストーン・ウーマン』を経て、2021年にセルフ・リリースで発表したデビュー・アルバム『アルファ』が高い評価を受けて、これまでにドレイク、ジョン・メイヤー、ジェイムス・ブレイクが彼女をサンプリングでフィーチャーしている。

「若い頃は、それほどたくさんのことを背負っていなかったし、日常は、もっと生き生きとしていた。でも、当時の自分に今の自分を見てほしいとも思う。私が今持っている知識や明晰さの一部を、当時の自分に伝えることができたら素敵だと思った」とシャーロット・デイ・ウィルソンは新作について語っている。

「以前は、揺るがない基礎があって、芸術的完成度の高い音楽を創ることに、ものすごくこだわっていたの。でも、それは少し息苦しかった。だから、『時が経っても通用するような素晴らしい作品を作ればいい、プレッシャーなんて関係ない』って思うことにしたの。今は、すべてが完璧でなければならないという凝り固まった状態から抜け出せたと思う。それよりも、その瞬間に湧き出た感覚をそのまま捉え、その場に残しておくということに面白さを感じている」

単独来日公演の詳細は以下の通り。

10月15日(火)WWW X
OPEN 18:30 START 19:30
チケット:スタンディング 前売¥7,500

更なる公演の詳細は以下のサイトで御確認ください。

https://smash-jpn.com/live/?id=4225

【独占配信】ドキュメンタリー『ボン・ジョヴィ:Thank You, Good Night』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ