Photo: GETTY

ニルヴァーナのクリス・ノヴォゼリックは新バンドであるザ・ボナ・ファイド・バンドでカート・コバーンの故郷でニルヴァーナのデビュー・シングルである“Love Buzz”を演奏している。

新バンドはスクリーミング・トゥリーズのマーク・ピッケレル、ジリアン・レイ、ジェニファー・ジョンソン、ケイシー・ムーアというメンバーで、現地時間6月21日にワシントン州アバディーンで開催されたメイク・ミュージック・デイに出演している。

ライヴでは1969年にショッキング・ブルーが発表して、1988年にニルヴァーナがサブ・ポップからのデビュー・シングルとしてカヴァーした“Love Buzz”も演奏されている。

観客が撮影した映像はこちらから。

ニルヴァーナによる“Love Buzz”の音源はこちらから。

昨年、クリス・ノヴォゼリックは『NME』のインタヴューでニルヴァーナの存命中のメンバーで再結成することはあるかどうかについて語っている。「常にやりたいよ。カートが亡くなった後は『もう二度とあれらの曲は演奏しない』という時期もあった。自分の抱えた悲しみの一部だったんだ。やり過ぎはよくないけど、感謝の気持ちを忘れないように特別なものにしたいよね」

「機会があって、間違ってないと思えば、やることにするよ。それまではカートのことを忘れずに、自分のことをやるだけだね」

新曲をリリースするということもあり得るか?という質問には次のように答えている。「ああ。いくつか音源はあるんだ。デイヴ・グロールが既に口を滑らせていてね。彼にそのことを問い詰めてみたいね。『俺たちのやったジャムはどうするんだ? あれをどうしたいんだ?』ってね。思い出させてくれて、ありがとう」

【独占配信】ドキュメンタリー『ボン・ジョヴィ:Thank You, Good Night』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ