Photo: GETTY

エド・シーランはピンクポップ・フェスティバルでリンプ・ビズキットと共演して、ザ・フーの“Behind Blue Eyes”を披露している。

現地時間6月23日、リンプ・ビズキットはオランダのランドグラーフで開催されたピンクポップ・フェスティバルに出演しており、そのステージで共演は実現している。

エド・シーランはリンプ・ビズキットが2003年発表の『リゾルツ・メイ・ヴァリー』でカヴァーしていたザ・フーの“Behind Blue Eyes”でヴォーカルを担当している。

観客が撮影した映像はこちらから。

リンプ・ビズキットのフロントマンであるフレッド・ダーストはインスタグラムで共演時の写真を投稿して、「Fred Sheeran(フレッド・シーラン)」と評している。ギタリストのウェス・ボーランドもエド・シーランとの写真を投稿して、「ライヴの間、写真を撮ってくれって困らせてくる人がいたんだ」と述べている。

先日、エド・シーランはボトルロック・ナパ・ヴァレー2024でもオフスプリングと共演を果たしている。

エド・シーランはオフスプリングのステージに飛び入りで参加して、2000年発表のアルバム『コンスピラシー・オヴ・ワン』に収録されている“Million Miles Away”を演奏している。

デクスター・ホーランドはエド・シーランを紹介する時に次のように語っている。「エド・シーランが子どもの頃に買った最初のアルバムの1枚が自分たちのレコードだったと言ってくれたんだ」

「それはすごくありがたかった。それで『君にステージに参加してもらいたいんだけど』ということになったんだ。みんながやってほしいと思っている曲の一つをやるよ」

エド・シーランは『X(マルティプライ) 10周年記念エディション』が6月21日に配信でリリースされており、国内盤CDは2024年7月3日にリリースされる。

【独占配信】ドキュメンタリー『ボン・ジョヴィ:Thank You, Good Night』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ