Photo: Nicole Nodland

ポール・ウェラーはビリー・アイリッシュの“What Was I Made For?”をカヴァーした音源が公開されている。

ポール・ウェラーは66歳の誕生日前日となる5月24日にニュー・アルバム『66』をリリースしている。先日、ポール・ウェラーは新作について歳を取るほど「実験的」で「オープンマインド」になれたと語っている。

BBCラジオのジョー・ワイリーの番組『ソファ・セッション』に出演したポール・ウェラーはビリー・アイリッシュが映画『バービー』に提供して、グラミー賞の最優秀楽曲賞を受賞した“What Was I Made For?”をカヴァーしている。

音源は下記のリンクの1時間21分19秒から。

https://www.bbc.co.uk/sounds/play/m001zwgt

先日、ポール・ウェラーは14年間にわたってアルコールを断っていることについて「ある年齢で一線を超えて」「ただの年老いた酔っ払い」にはなりたくなかったと語っている。

「飲むのを止めて、すべてが変わった。まるで昼と夜のような感じなんだよ」とポール・ウェラーは語っている。

「最初の2年はきつかったよ。再発もなかったし、必要と思えば行こうと思っていたけど、アルコール依存症の自助グループにも行かなかった」

ライフスタイルを変えるきっかけとなった転機についてポール・ウェラーは次のように続けている。「身体の一部が『今、止めないと』と言っていたんだ。それは何度も『止めなきゃ』と言っていた自分よりも大きな力だったんだ」

アルコールを止めたことが自身の考え方をどのように変えたかについてポール・ウェラーは次のように語っている。「自分の考え方や行動、世界の見方がより明確になったね。ここまで来られたことは嬉しいよね」

「若い頃はただの愉快な酒飲みでも、ある年齢で一線を超えて、ただの年老いた酔っ払いになってしまう。認めるのは難しいことだけれど、一度認めてしまえば、楽になれるんだ」

【独占配信】ドキュメンタリー『ボン・ジョヴィ:Thank You, Good Night』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ