Photo: GETTY

女優のコートニー・コックスはソーシャル・メディアでブルース・スプリングスティーンの“Dancing In The Dark”のミュージック・ビデオで披露したダンスを再現している。

ソーシャル・メディアではブロンスキ・ビートが1984年に発表した“Smalltown Boy”に合わせて両親に当時のダンスを踊ってもらう動画が話題となっており、ドラマ『フレンズ』や映画『スクリーム』への出演で知られるコートニー・コックスもインスタグラムでそのトレンドに加わる形となっている。

動画はブルーのジャケットを着たコートニー・コックスが腕を挙げながらダンスする場面から始まり、ジャケットを脱ぐと、ブルース・スプリングスティーンのTシャツを着ているコートニー・コックスは“Dancing In The Dark”のダンスを再現している。

“Dancing In The Dark”のミュージック・ビデオの当時、無名だったコートニー・コックスは『アズ・ザ・ワールド・ターンズ』への出演しか経歴がなかったが、ミュージック・ビデオにはファン役として出演している。ビデオはブルース・スプリングスティーンがライヴを行う中で一緒にダンスするためにコートニー・コックスをステージに上げるものとなっている。

今回の“Dancing In The Dark”のダンスを再現したコートニー・コックスの動画にはハリウッドの友人たちも反応を示しており、ジェニファー・アニストン、ジュリアン・ムーア、ジェニファー・ガーナーが投稿を行っているほか、リリー・アルドリッジはコートニー・コックスを「アイコン」と評している。

ブルース・スプリングスティーンについては現在行っているヨーロッパ・ツアーで「声の問題」からプラハ公演とミラノ公演を延期しているが、ツアーは6月12日のマドリード公演から再開される予定となっている。

【独占配信】ドキュメンタリー『ボン・ジョヴィ:Thank You, Good Night』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ