Photo: GETTY

パール・ジャムは先日亡くなったNBAの伝説的なバスケットボール選手であるビル・ウォルトンに追悼の意を表している。

ビル・ウォルトンは大腸ガンとの闘病の末にサンディエゴの自宅で5月27日に亡くなっている。享年71歳だった。

シアトルのクライメート・プレッジ・アリーナで公演を行ったパール・ジャムは今回のツアーで初披露となった“Man Of The Hour”をビル・ウォルトンに捧げている。

ビル・ウォルトンが2023年のサンディエゴ公演を訪れた時の写真をスクリーンに映しながら、エディ・ヴェダーは次のように語っている。「昨日起きたら、何度も会ったことのある人についての悲しいニュースが届いていた。会う度に大きな感動があったんだ。広い心を持った大男で、平和と愛への道をその跡に切り拓いた」

「くそっ、ビル。すでにあなたのことが惜しまれる。ただ、公の場であなたへの愛を伝えたかっただけなんだ。素晴らしいエネルギーをありがとう。そこで幸運を祈っていてくれ。あなたが大丈夫なのは分かっているから」

ビル・ウォルトンについてはグレイトフル・デッドのメンバーも追悼の意を表している。ビル・ウォルトンは熱心なバンドのファンとして知られ、初めてそのライヴを観たのは15歳だった1967年だったという。同年、グレイトフル・デッドはセルフタイトルのデビュー・アルバムをリリースしている。『サンディエゴ・ユニオン・トリビューン』紙に語ったところによれば、ビル・ウォルトンは生涯で800以上のグレイトフル・デッドのライヴに足を運んだとされている。

一方、パール・ジャムは今年4月に通算12作目となるアルバム『ダーク・マター』をリリースしているが、エディ・ヴェダーはその後も「1枚か2枚」素晴らしいアルバムがあると語っている。「歳を取ると、今を生きることが上手になるんだ。時間がそんなに残されていないと理解することが大きな割合になってくる。だから、ゴールは音楽を作り続けることなんだ」

【独占配信】ドキュメンタリー『ボン・ジョヴィ:Thank You, Good Night』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ