Photo: GETTY

トラヴィス・スコットは2021年のアストロワールド・フェスティバルで起きた事故死を巡る最後の裁判が和解に達している。

2021年のアストロワールド・フェスティバルでは観客が殺到したことにより10人が亡くなって、数百人が負傷している。トラヴィス・スコットとライヴ・ネイションは5月9日の時点でコンサートで亡くなった人では最年少だったエズラ・ブラウントの遺族の裁判を除いて、ほぼすべてに和解に達していた。

しかし、トラヴィス・スコットとライヴ・ネイションは今回、9月から陪審員選考が開始される予定だった最後の訴訟で和解に至っている。

『ヒューストン・クロニクル』紙に出した声明でエズラ・ブラウントの弁護士であるS・スコット・ウェストは次のように述べている。「息子であるエズラの死を経て、すべての被告に向けた裁判が解決されたことに満足しています。癒しと忘れないプロセスが続いていくことを楽しみにしています」

「遺族は癒やしへの歩みを続けていきます。しかし、エズラが周りの人々みんなに与えた喜びを忘れることはありません」

エズラ・ブラウントは父親と共にアストロワールド・フェスティバルを訪れており、肩の上に乗っていたが、人が殺到したことで圧死している。彼は昏睡状態にあったが、アストロワールド・フェスティバルの翌日に亡くなっている。

フェスティバルの事故をめぐる4000人以上の原告がいる数百件の裁判は一つに集約することで合意されていた。

この申し立てはテキサス州最高裁判所に提出されたもので、弁護士は法的文書の中で「広域係属訴訟に関する合議体」と呼ばれるものを申請している。「ハリス郡の地方裁判所でも24件の裁判が申し立てられており、今後数ヶ月でさらに訴訟が起こされることが予想されます」

「この種の訴訟はまさにテキサス州の広域係属訴訟が適用されるべきものとなっています」と法的文書には記されている。「これらの訴訟をすべて1人の予審判事に移管し、予審手続きを統合・調整することで、重複した証拠開示をなくし、司法機関のリソースを節約し、矛盾した法的判断やスケジュールを回避し、すべての訴訟の公正で効率的な実施を促進することができます」

【独占配信】ドキュメンタリー『ボン・ジョヴィ:Thank You, Good Night』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ