Photo: GETTY

スレイヤーのギタリストであるケリー・キングはアイアン・メイデンの最近の作品は「聴く気が起こらない」と語っている。

ケリー・キングは『リフックス』のインタヴューでブルース・ディッキンソンのソロ・アルバム『ザ・マンドレイク・プロジェクト』を聴いたかと訊かれて、アイアン・メイデンの最近の作品について語っている。

ケリー・キングは次のように語っている。「ブルース・ディッキンソンの新しいアルバムは聴いていないんだ。でも、友人がアイアン・メイデンよりもよかったと言っていたね。それも驚きじゃないよね。アイアン・メイデンに他意はないけど、彼らの曲は長いから、聴く気が起こらないんだよ。自分は集中力がそんなに続かないからね」

アイアン・メイデンの最近の2作品、2015年発表の『魂の書~ザ・ブック・オブ・ソウルズ~』と2021年発表の『戦術』はいずれもダブル・アルバムとなっている。この2作品にはかなり長尺の楽曲が収録されており、『魂の書~ザ・ブック・オブ・ソウルズ~』に収録の“Empire of the Clouds”は18分の長さで、『戦術』には10分を超える曲が3曲収録されている。

ケリー・キングはジューダス・プリーストの最新作『インヴィジブル・シールド』も聴いていないと語っている。「ジューダス・プリーストのニュー・アルバムも全部は聴けていないんだ。でも、衛星ラジオ局で何曲かは聴いたよ。ならではという楽曲だったね。1曲突出した曲があったんだけど、“The Serpent and the King”、あれはクールだった。ジューダス・プリーストがやっていることを進化させたような感じだったね。楽しめたよ。アルバム全体は聴いてないけど、間違いなく聴くことになると思う。数週間後にはジューダス・プリーストと共演する予定なんだ」

ケリー・キングはソロ・デビュー・アルバム『フロム・ヘル・アイ・ライズ』を5月17日にリリースしており、現在ツアーを行っている。9月にはスレイヤーとして5年ぶりとなるライヴを行うことも決定している。

【独占配信】ドキュメンタリー『ボン・ジョヴィ:Thank You, Good Night』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ