Photo: GETTY

ステインドの初代ドラマーであるジョン・ワイサッキーが亡くなった。享年53歳だった。

『ブラバーマウス』によれば、ジョン・ワイサッキーは現地時間5月18日に亡くなったとのことで、生前に医師の治療が必要な肝臓の問題を抱えていたという。しかし、正式な死因については発表されていない。

ジョン・ワイサッキーが一時在籍したソイルは声明を発表しており、次のように述べている。「今日、我々は偉大な人物の一人を失いました。ジョン・ワイサッキーは素晴らしい友人にしてドラマーだっただけでなく、素晴らしい人間でした。彼をソイルに迎えられたことは光栄でした。多くの笑いがありましたし、素晴らしい時間がたくさんありました。あなたは心から惜しまれることになるでしょう。親愛なる友人よ、また会う日まで」

ステインドもソーシャル・メディアで追悼の意を表している。「ジョンとは共通の友人を介して1994年に初めて出会いました。マイク、アーロン、ジョニーが1995年4月に集まり、ステインドを結成しました。そこからの17年間には一緒に過ごした時間の中でも最高の思い出がありました」

「マサチューセッツ州ラドローでの練習から世界中を回るツアーまで、ジョンはバンドとしての自分たちに不可欠な存在でした。ジョンの家族、彼を愛した世界中のファンにお悔やみを申し上げます」

ジョン・ワイサッキーはステインドの結成メンバーとして1995年から2011年までバンドに在籍している。彼はステインドの最初の7枚のアルバムに参加している。

名声に馴染めず、2011年にステインドを脱退した後はソイルやリディアズ・キャッスルといったバンドに参加している。

【独占配信】ドキュメンタリー『ボン・ジョヴィ:Thank You, Good Night』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ