Photo: GETTY

テーム・インパラのケヴィン・パーカーはカタログ音源の権利をソニー・ミュージック・パブリッシングに売却している。

『ミュージック・ビジネス・ワールドワイド』の報道によれば、ケヴィン・パーカーとソニーは2020年にグローバル契約を結んでおり、個人としてもテーム・インパラとしても今後のリリースの管理を委ねている。しかし、今回、新たな契約で過去のリリースについても包括されることが明らかになっている。

売却の詳細は公表されていないものの、ケヴィン・パーカーはソニー・ミュージック・パブリッシングとの提携について次のように述べている。「自分の曲の所有権を譲渡することについて決して軽くは考えていません。レコーディング・アーティストとして、ソングライターとしてこれまでの歳月やってきた血と汗と創造性の結晶です」

ケヴィン・パーカーは次のように続けている。「私はソニー・ミュージック・パブリッシングの家族に大いに愛と信頼を抱いており、ダミアン・トロッターをはじめとする世界各地の仲間との体験は素晴らしいものでしかありませんでした。ソニーほど安全な手に私の曲を委ねられることはないと思いますし、今後が楽しみで、どんな未来になるにせよ彼らと仕事を続けられることに満足しています」

ソニー・ミュージック・パブリッシングのCEOであるジョン・プラットは次のように続けている。「私は常にケヴィン・パーカーを敬愛してきましたし、今の時代において最も多才なソングライターの一人だと考えています。ケヴィン・パーカーは信じられないほど幅広く、不朽の力を持つ楽曲のカタログを築き上げ、常に自分のヴィジョンに忠実であり続けてきました。彼の音楽を代わって管理することは名誉なことであり、成功の遺産を広げていくことに取り組んでいきます」

テーム・インパラの4枚のアルバムとシングルに加えて、ケヴィン・パーカーのソングライティング・カタログにはリアーナ、トラヴィス・スコット、ミック・ジャガー、ケンドリック・ラマー、シザ、ゴリラズ、マーク・ロンソン、ザ・ウィークエンド、レディー・ガガ、ダフト・パンクとのコラボレーションも含まれている。

【独占配信】ドキュメンタリー『ボン・ジョヴィ:Thank You, Good Night』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ