GETTY

Photo: GETTY

ザ・ルミニアーズがセカンド・アルバムからのファースト・シングルとなる“Ophelia”を公開している。

リード・シンガーのウェスリー・シュルツはiHeartラジオにアルバムについて語っており、デビュー・アルバムからの日々の集合であるとしている。

「このレコードはここ3年に僕らに起きたことを反映したグレイテスト・ヒッツなんだ。どの曲も可能な限り最高のバージョンを見つけられるように取り組んだんだよ。だから、何度も違ったバージョンで繰り返して、テンポを変えたり、アレンジを厚くしたり、削ぎ落としたりしたんだ」と彼は語っている。

「ゆったりと響くように、たくさんの作業が必要だったんだ。そのプロセスにすごく情熱的に取り組んだよ。たくさんの闘いと涙があった。でも、驚くべきものができて、最終的によりよいものになったんだ。それは僕らの関係性も変えることになったね」

ザ・ルミニアーズはニュー・アルバム『クレオパトラ』を4月8日にリリースする。iTunesではプレオーダーが始まっており、シングル“Ophelia”はすぐにダウンロードできる。

ニュー・シングル“Ophelia”の音源はこちらから。

デビュー・アルバムのリリース後、ウェスリー・シュルツは映画『ハンガー・ゲームズ』に使用された“The Hanging Tree’”を手掛けており、同曲には映画に出演しているジェニファー・ローレンスもヴォーカルで参加している。この曲についてウェスリー・シュルツは「映画音楽や奇妙なものやおかしなものなんかから影響を受けた」と語っている。

ザ・ルミニアーズは4月から5月にかけてヨーロッパ・ツアーを行い、5月から6月にかけてアメリカ・ツアーを行うことが発表されている。

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ