Photo: Alex Da Corte

セイント・ヴィンセントは来たるニュー・アルバムより3曲目となるシングル“Big Time Nothing”が公開されている。

“Big Time Nothing”は4月26日にリリースされる通算7作目となるアルバム『オール・ボーン・スクリーミング』に収録される。

“Big Time Nothing”はこちらから。

先日、セイント・ヴィンセントは新作を引っ提げて4月から北米ツアーを行うことを発表しており、サポート・アクトとしてスプーン、イヴ・トゥモア、ドリアン・エレクトラ、モマ、アースイーターがサポート・アクトを務めることが決定している。

セイント・ヴィンセントは新作よりリード・シングルとして公開された“Broken Man”についてフー・ファイターズのデイヴ・グロールが与えた影響について語っている。「ゆっくりと盛り上がっていく形で曲は始まるの」

「この曲は山を登っていくような感じの曲なのね。だんだんと大きくなっていく。だから、3人のドラマーが必要だった。最初のパートは私のプログラミングで、2人目としてマーク・ギリアナが入ってくる。そして、曲の最後の最後は、これ以上の高みはないから、向こう見ずな気持ちをもってデイヴ・グロールが入ってきて、ギリギリまで持っていくのよ」

新作についてセイント・ヴィンセントことアニー・クラークは次のように語っている。「一人で森の中を長い間歩くことで、辿り着くことが出きる場所があります……あなたの心が本当に伝えたいことを見つけ出せる場所へ。それは生々しく、リアルに聞こえます。なぜなら、それが真実だから」

新作のトラックリストは以下の通り。

Hell is Near
Reckless
Broken Man
Flea
Big Time Nothing
Violent Times
The Power’s Out
Sweetest Fruit
So Many Planets
All Born Screaming (featuring Cate Le Bon)

【独占配信】ドキュメンタリー『ザ・ビートルズ: Let It Be』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ