Photo: GETTY

グリーン・デイは『セーヴィアーズ』のワールド・ツアーのウォーミングアップとしてロサンゼルスの小さな会場で行ったライヴで『ドゥーキー』と『アメリカン・イディオット』を全編演奏している。

グリーン・デイは来月より行われるスタジアム・ツアーに向けて、現地時間4月18日にロサンゼルスのエコープレックスでライヴを行っている。今年1月にリリースされた最新作の楽曲を含む35曲に及ぶセットリストではサプライズのアンコールで“Minority”と最新作より“Fancy Sauce”を披露している。

グリーン・デイは『ドゥーキー』を全編演奏した後、『セーヴィアーズ』から5曲を演奏して、その後『アメリカン・イディオット』を全編演奏している。

この日のセットリストは以下の通り。

グリーン・デイ、ワールド・ツアーに向けて『ドゥーキー』と『アメリカン・イディオット』の全編を披露

Burnout
Having a Blast
Chump
Longview
Welcome to Paradise
Pulling Teeth
Basket Case
She
Sassafras Roots
When I Come Around
Coming Clean
Emenius Sleepus
In the End
F.O.D.
All by Myself

The American Dream Is Killing Me
Bobby Sox
Look Ma, No Brains!
Dilemma
Saviors

American Idiot
Jesus of Suburbia
Holiday
Boulevard of Broken Dreams
Are We the Waiting
St. Jimmy
Give Me Novacaine
She’s a Rebel
Extraordinary Girl
Letterbomb
Wake Me Up When September Ends
Homecoming
Whatsername

Encore:
Minority
Fancy Sauce

今年行われるスタジアム・ツアーは『ドゥーキー』の30周年と『アメリカン・イディオット』の20周年を祝したものとなっている。

『セーヴィアーズ』のワールド・ツアーは5月30日にスペインのモンテ・ド・ゴソで行われる公演から始まり、ナッシング・バット・シーヴス、ザ・ハイヴス、ドゥーノッツ、ジ・インタラプターズ、メイド・オブ・エースがヨーロッパ・ツアーのサポート・アクトを務める。

アメリカ・ツアーは7月29日にワシントンD.C.のナショナル・パークで行われる公演からスタートして、スマッシング・パンプキンズ、ランシド、ザ・リンダ・リンダズがサポート・アクトを務める。

【独占配信】ドキュメンタリー『ザ・ビートルズ: Let It Be』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ