Photo: GETTY

カニエ・ウェストはロサンゼルスで妻のビアンカ・センソーリに性的な行為をしようとした人物の顔を殴ったと通報されている。

『TMZ』によれば、名前の明かされていない男性は現地時間4月16日にビアンカ・センソーリを「押した、ないしは掴んだ」後にカニエ・ウェストに殴られたと主張しているが、怪我の治療はなかったと見られている。

ロサンゼルス警察は男性が暴行の通報でイェーの名前を挙げたことを受けて、現在捜査を行っていると見られている。

通報を受けてカニエ・ウェストの担当者は次のように述べている。「『掴んだ』というのは何が起こったかを説明する言葉として極めて不適切です。ビアンカ・センソーリは肉体的に暴行されました」

「加害者は単に彼女にぶつかっただけではありません。加害者は彼女のドレスの下に手を入れて、彼女の身体に直接触れて、腰を掴み、彼女を回転させて、キスをされました。彼女は暴行されたのであり、性的暴行を受けたのです」

2022年12月にプライベートの結婚式でカニエ・ウェストと結婚したと考えられているオーストラリア人モデルのビアンカ・センソーリだが、結婚許可証は申請されていないと見られている。

先日、カニエ・ウェストは自身の名前は「奴隷の名前」であり、今後は「イェー」と呼ぶように求めている。

2021年、カニエ・ウェストは法的に自分の名前をイェーに変える申請を出して、ロサンゼルスの裁判所で認められている。

それ以降、カニエ・ウェストの名前の表記については報道でも一般でも混在する形で使われてきた。

しかし、カニエ・ウェストのスタッフのチーフであるマイロー・イアノプロスは『ページ・シックス』が入手した公開書簡で今後は「イェー」と表記することを求めている。「イェーは世界で最も知名度の高い人物の一人で、大統領や法王にも匹敵します」と公開書簡には記されている。

「彼は『カニエ・ウェスト』というブランドから得られる計り知れない価値を犠牲にしてでも名前を変えることを軽々しく決めたわけではありません。名前の変更は全面的に、法的に、恒久的に行われました。今の彼はそういうことなのです。彼の名前はイェーとなります」

マイロー・イアノプロスは「ストリーミング・プラットフォーム、音楽出版社、店舗、組合、歌詞サイト、データ再販業者」にはたらきかけて、「最も目に付く場所」なので変更を求めていくと述べている。

【独占配信】ドキュメンタリー『ザ・ビートルズ: Let It Be』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ