Photo: GETTY

アリアナ・グランデは自身の祖母であるノンナがアメリカのチャートの新記録を作ったことについて祝福している。

先日、祖母のマジョリー・“ノンナ”・グランデが全米シングル・チャートにランクインした最高齢記録を作っており、アリアナ・グランデはそれを祝福する投稿を今回インスタグラムで行っている。

98歳のマジョリー・“ノンナ”・グランデは最新作『エターナル・サンシャイン』に収録の“Ordinary Things”に参加している。“Ordinary Things”は先月の全米シングル・チャートで55位にランクインしており、チャート入りした最高齢記録の新記録を作ることとなっている。

アリアナ・グランデは今回、新記録を達成した祖母について「最高に美しい」と述べている。

「唯一無二で、最高に美しいノンナが全米シングル・チャートに登場した最高齢の人物となったことのお祝いよ。みんなのことを愛しているし、感謝しているわ」とアリアナ・グランデは述べており、新記録の盾を持つマジョリー・“ノンナ”・グランデの写真を添えている。

インスタグラム

これまでの最高齢の記録は2013年にリリースされた“Oh Sweet Lorraine”で今は亡きフレッド・ストボーが記録した96歳だった。“Oh Sweet Lorraine”はフレッド・ストボーが送った妻への詞にグリーン・シュー・スタジオが楽曲を制作して、シンガーのジェイコブ・コルガンが歌ったものとなっている。

その前の記録は2011年にトニー・ベネットがエイミー・ワインハウスとコラボレーションした“Body and Soul”が87位に入ったことで記録した84歳だった。

“Ordinary Things”の最後でマジョリー・“ノンナ”・グランデは次のように語っている。「おやすみのキスをせずにベッドに入ることは絶対にダメよ。一番やってはいけないこと。絶対にしちゃダメ。そうしたくないと思ったのなら、あなたは間違えている場所にいる。出ていきなさい」

マジョリー・“ノンナ”・グランデは楽曲の作詞作曲者にクレジットされている。

アリアナ・グランデはマジョリー・“ノンナ”・グランデとのレコーディングについて次のように語っている。「ノンナはは宇宙一面白い人だと思っていて、一緒にいる時のボイスメモは何時間も録っている時があるのですが、この最後の一言は、ノンナと親友のシャーリーが何時間も男性についての愚痴や、女性の権利、他にも色々なことについて語っているほんの一瞬なんです」

【独占配信】ドキュメンタリー『ザ・ビートルズ: Let It Be』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ