Photo: Matt Crockett

ノエル・ギャラガーは新たなインタヴューでリリースから30周年を迎えたオアシスのデビュー・シングル“Supersonic”について振り返っている。

“Supersonic”は1994年4月11日にオアシスのデビュー・シングルとしてリリースされており、30周年を記念してCDと7インチが再発されている。また、30周年を記念して1994年9月4日にベルファストのライムライトで収録されたライヴ音源も公開されている。

今回、ノエル・ギャラガーは『モジョ』誌のインタヴューで同曲と1994年に出演したグラストンベリー・フェスティバルを振り返っている。1993年12月19日にリヴァプールのピンク・ミュージアム・スタジオでレコーディングされた“Supersonic”は1日で作曲とレコーディングが行われ、オアシスとレコーディング・エンジニアのマーク・コイルによるプロデュースとなっている。

「俺にとってのハイライトは一晩で“Supersonic”を書いて、レコーディングして、ミックスした夜とグラストンベリー・フェスティバルで演奏した時だった。エコーベリーと他のインディ・バンドの間で出演したんだけど、『ディフィニトリー・メイビー』を演奏したんだ。それまでで最も多い観客で、その日の午後には“Shakermaker”がチャート入りしたんだ。11位だったんだけど、その時点で全員シートベルトを締めたね。離陸するロケットに乗っているようだった」

ノエル・ギャラガーは次のように続けている。「『ディフィニトリー・メイビー』を出す前にシングルでF1グランプリのポールポジションにいたんだ。最高の車もあって、最高のドライヴァーだった俺たちは、みんなをなぎ倒すのに青信号を待っているようだった。俺たちは国を回りながら、ザ・ビートルズ以来の最高の存在だと言っていたんだ。この騒ぎが何なのか、みんなに知らしめたかったんだよ」

オアシスについてはアルバム『ディフィニトリー・メイビー』の30周年についてのニュースが今後数週間のうちに発表されることも明らかになっている。

【独占配信】ドキュメンタリー『ザ・ビートルズ: Let It Be』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ