Photo: GETTY

オアシスは“Supersonic”のリリースから30周年を記念して、同曲の1994年のライヴ音源が公開されている。

このライヴ音源は1994年9月4日にベルファストのライムライトで録音されたもので、同じ週の初め、1994年8月29日にデビュー・アルバム『ディフィニトリー・メイビー』をリリースしたばかりだったバンドは、ベルファストのステージに立つ直前、同アルバムが全英公式アルバム・チャートで初登場1位を獲得したことを知ることになったという。

ライヴ音源はこちらから。

1994年当時、この会場の店長兼ブッキング担当だったデイヴィッド・ニーリーはこの日のライヴを次のように振り返っている。「彼らがベルファストのライムライトでのステージに立ったのは9月4日の日曜日だった。500枚のチケットは完売し、チケット代はたったの6.75ポンド! デビュー・アルバムが発売された週の日曜日に行われたライムライトでのライヴは、会場、バンド、タイミング、全ての条件が揃っていた。確か午後6時半頃(携帯電話がまだなかった暗黒時代だ)、BBCラジオ1から会場の事務所に電話がかかってきたのを覚えている。オアシスがアルバム・チャートで1位を獲得したという知らせだ。今では何千人もの人が “自分はあの場にいた” と主張するような、この界隈では伝説と化したライヴだったよ」

なお、アルバム『ディフィニトリー・メイビー』の30周年についてのニュースが今後数週間のうちに発表されることも明らかになっている。

オアシスは“Supersonic”の30周年を記念して、フィジカルのシングルを本日4月12日に再リリースしている。

1993年12月19日にリヴァプールのピンク・ミュージアム・スタジオでレコーディングされた“Supersonic”はオアシスとレコーディング・エンジニアのマーク・コイルによるプロデュースとなっている。

【独占配信】ドキュメンタリー『ザ・ビートルズ: Let It Be』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ