Photo: GETTY

マストドンのベーシスト/ヴォーカリストであるトロイ・サンダースはリトル・リーグでの活動が評価されて、地方の年間優秀ベースボール・コーチ賞を受賞している。

トロイ・サンダースは息子がプレイする地元フロリダ州のリトル・リーグに参加していて、リーグ会長、コーチ、アンパイアを務めている。

今年1月、トロイ・サンダースはポジティヴ・コーチング協会の定める2024年の地方の年間優秀ベースボール・コーチ賞に使命されており、今月賞を受賞している。

トロイ・サンダースはアメリカ全土からノミネートされた500人以上のコーチの中から他の35人と共に賞を受賞している。

「予想もしていなかったし、自分が選出されたというメールを受け取るまで何も知らなかったんだ」とトロイ・サンダースは語っている。「もう少し調べてみたら、現役選手や元選手の両親による10人の推薦のプロセスを知って、すごく興奮したし、恐縮したよ」

トロイ・サンダースは次のように続けている。「若い選手たちを指導する最も自然な方法だと感じてきたことを自分のサークル以外で認めてもらえたことで、子供たちのために少なくとも何か正しいことをしていると感じることができ、このような形で認めてもらえたことに興奮しているよ」

トロイ・サンダース自身もリトルリーグ出身で、5歳から14歳までプレーした経験があり、8歳の息子が入団したことで30年後に戻ってくる形となっている。

「2シーズンにわたってスタンドから息子を応援した後、トロイ・サンダースはヴォランティアを始め、売店で働き、必要に応じて息子のコーチを手伝い、チームに軽食を提供してきました」とリトル・リーグは述べている。

トロイ・サンダースはその後、コーチやチーム・マネージャーとなり、リーグの理事を4年間務めた後、リーグの会長に選出されている。

「アシスタント・コーチを始めてからは、とても自然で必然的な進歩のように感じたね。私の息子は野球にとても興味を持っていたし、今も興味を持っている。そのおかげで、私は野球をとても身近に感じることができ、とても積極的なボランティアになることができたんだ」とトロイ・サンダースは語っている。「リトル・リーグのコーチほど好きなものはないよ」

マストドンは最新作『ハッシュド・アンド・グリム』を2021年にリリースしている。

【独占配信】ドキュメンタリー『ボン・ジョヴィ:Thank You, Good Night』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ