Photo: GETTY

ノエル・ギャラガーはノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズのライヴで初めてオアシスの“Stand By Me”を演奏している。

ノエル・ギャラガーは現地時間3月17日にプールのライトハウスで行った公演から3月に行われる小さな規模のツアーをスタートさせている。このツアーは3月21日にロンドンのロイヤル・アルバート・ホールで行われるティーンエイジ・キャンサー・トラストの公演で締めくくられる予定となっている。

ノエル・ギャラガーはアンコールの最初でオアシスの“Stand By Me”を演奏しており、ステージに戻ってきた彼は次のように語っている。「“Stand By Me”という曲を知ってるかい? それをやろうと思うんだ」ノエル・ギャラガーがハイ・フライング・バーズと共に“Stand By Me”を演奏するのはこれが初めてとなっている。

観客が撮影した映像はこちらから。

ノエル・ギャラガーはこの日ファンに人気の“Lock All The Doors”とオアシスの“Talk Tonight”を披露しており、両曲が演奏されるのは2019年以来となっている。

この日のセットリストは以下の通り。

‘Pretty Boy’
‘Council Skies’
‘Open the Door, See What You Find’
‘We’re Gonna Get There in the End’
‘Easy Now’
‘You Know We Can’t Go Back’
‘We’re on Our Way Now’
‘In the Heat of the Moment’
‘Lock All the Doors’
‘If I Had a Gun…’
‘AKA… What a Life!’
‘Dead in the Water’
‘Going Nowhere’ (Oasis cover)
‘Talk Tonight’ (Oasis cover)
‘Half the World Away’ (Oasis cover)
‘Little by Little’ (Oasis cover)
‘The Masterplan’ (Oasis cover)
‘Love Will Tear Us Apart’ (Joy Division cover)
Encore:
‘Stand by Me’ (Oasis cover)
‘Live Forever’ (Oasis cover)
‘Whatever’ (Oasis cover)
‘Don’t Look Back in Anger’ (Oasis cover)

ノエル・ギャラガーは今夏に一連の屋外公演を行うことも決定しており、ロンドンのアレクサンドラ・パレス・パークやウォリック城で公演が行われる。ウォリック城公演にはサポート・アクトとしてジョニー・マー、グレアム・コクソンとローズ・エリナー・ドゥーガルによるザ・ウェイヴが出演する。

ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズはフジロックフェスティバル ’24でヘッドライナーを務めることも決定している。

【独占配信】ドキュメンタリー『ボン・ジョヴィ:Thank You, Good Night』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ