GETTY

Photo: GETTY

レッド・ホット・チリ・ペッパーズのベーシスであるフリーは、共和党の大統領候補に名乗りを上げているドナルド・トランプを「リアリティー・ショウのマヌケな道化師」と呼んで、批判している。

フリーはすでに民主党の候補であるバーニー・サンダースへの支持を公言しており、昨年、次のようにツイートしていた。「バーニー・サンダースはわずかに納得のいくアメリカ大統領の候補だ」

アイオワの党員集会の結果を受けて米『ローリング・ストーン』誌に語ったところによると、フリーはドナルド・トランプが不純な動機で大統領選に参加しているという。

「ドナルド・トランプや彼の言ったことを真面目に受け取る気にはなれないよ。彼はリアリティー番組のマヌケな道化師だし、注目を浴びるのが好きな威張り屋としか思えないんだ。大統領になりたがっているとは思えないし、それにチャンスもないと思う。彼はただの身勝手な人間で、人生における関心事といえばフェラチオって答えるようなバカ野郎だと思ってる」

フリーはまた、ドナルド・トランプの移民とテロに関する物議をかもしたコメントは、メディア受けを狙ったものだろうと考えていると語った。「自分の発言を信じてるとは思えないよ。もし十分に大声で叫ぶか、怒鳴りちらせば、みんな注目してくれるだろうという計算だろうね。彼がメディアを使い、メディアもそれを楽しんでる。すべてが本当にくだらなくて、話題にするのも戸惑うくらいだよ」

レッド・ホット・チリ・ペッパーズは、2月5日にロサンゼルスで開かれる、バーニー・サンダースの選挙資金を集めるためのショウでヘッドライナーを務める予定となっている。

また、ニュー・アルバムについてはレコーディングの大詰めに来ていると明かしている。

レッド・ホット・チリ・ペッパーズは、以前にも報じたとおり、デンジャー・マウスとニュー・アルバム制作のためにタッグを組んでおり、一連のツアー日程、そして夏にブッキングされているフェスへの出演も決まっている。レディング&リーズ・フェスティバルにもヘッドライナーとして出演する。

アンソニー・キーディスは先週、元セックス・ピストルズのスティーブ・ジョーンズがホストを務めるラジオ番組「ジョンジーズ・ジュークボックス」でレッド・ホット・チリ・ペッパーズのニュー・アルバムについて語っている。

「プロデューサーのデンジャー・マウスに会う前に、僕たちは20曲以上を作っていたんだ。彼は『この中から数曲使おう。でも、スタジオでまったく新しい曲を作ろう』って言うんだ。僕たちは『おいおい、もう曲は書いたんだけどな』って顔を見合わせたよ。彼は『いや、スタジオで新しく曲を作りたい』って。だから、彼の新しいやり方に敬意を表して、新しい曲を書いたんだ。でも、このやり方でやってよかったよ」

Copyright © 2019 TI Media Limited. NME is a registered trademark of TI Media Limited being used under licence.

関連タグ