DEAN CHALKLEY/NME

Photo: DEAN CHALKLEY/NME

ノエル・ギャラガーがアデルの音楽を再び批判している。

以前、アデルについて「年寄り向けの音楽」を作り出していると一蹴した元オアシスのノエル・ギャラガーだが、今回『GQ』誌上で、自身はこの記録破りのスターとなっているアデルの「ファンではない」ことをきっぱりと明言している。

「アデル? 俺はファンじゃないね」とノエル・ギャラガーは語っている。「コーンフレークを食べてると、いつもラジオからアデルが流れてくる。“Hello”だと? やめてくれよ、消えちまいな!」

以前、ノエル・ギャラガーはアデルについて次のように発言している。「アデルについて俺が何を思ってるのか知りたいっていうんなら、しょうがないから言ってやるよ。この大ヒットの騒ぎが一体何なのか分からないんだ。アデルの音楽は好きじゃないんだよね。年寄り向けの音楽だと思うんだよ」

ノエル・ギャラガーは、最近の音楽が「安っぽいものばかり」に成り下がってしまった一部としてアデルを考えているという。「音楽は死ぬほど平凡に成り下がってるよ」と語っている。

また、ノエル・ギャラガーは同『GQ』誌の別のインタヴューにおいて、自身のこれまで活動の中で断ってきた、テレビのリアリティー番組への出演依頼について語っている。

「『Xファクター』からは(審査員としての)出演依頼を2度受けていて、オアシスを辞めた直後には『ストリクトリー・カム・ダンシング』からも来たんだ。バカげてるよな」

ノエル・ギャラガーは先日、自身の次のアルバムに関する最新の動向を明らかにしており、その一部はデヴィッド・ボウイからインスピレーションを受けたものであるとしている。

「俺は今、スタジオに入ってるんだ」とノエル・ギャラガーは米『ローリング・ストーン』誌に語っている。「相当にやらかしてる最中なんだよ」

「俺がやってるあれこれは、今回の場合特に、という意味だけど、アメリカではマジできっちりと無視されることになると思う」とノエル・ギャラガーは続けている。「他の作品が相手にされなかったのとはレベルが違う。まったく無視されることになるよ。それが俺の目指してるところなんだ、ガチで完全なる匿名性ってことだ。ニューヨークに行って、毎月誰かからしつこく質問されるのはもうウンザリなんだ。そういうのマジで終わりにしたいからさ」

ノエル・ギャラガーはまた、ある新曲には デヴィッド・ボウイの“The Jean Genie”のコーラスを取り入れたことを認めている。「ほんの少しいただいちゃったよ」とノエル・ギャラガーは語っている。「あの『ウーフー!』」ね。その内、俺の曲のどれかで聴くことになるよ」

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ