Photo: GETTY

ボーイジーニアスは2024年のグラミー賞で3部門のハットトリックを達成したことについてジュリアン・ベイカーがバンドと音楽の家族的な絆について語っている。

フィービー・ブリジャーズ、ルーシー・ダッカス、ジュリアン・ベイカーから成るボーイジーニアスは今年のグラミー賞で6部門にノミネートされ、最優秀ロック・パフォーマンス賞、最優秀ロック・ソング賞、最優秀オルタナティヴ・ミュージック・アルバム賞を受賞している。

最優秀ロック・パフォーマンス賞の受賞スピーチでルーシー・ダッカスはグラミー賞が子どもの頃から夢だったとして「なんてことなの、辞退したいくらい」と語っている。「キッズの頃、3人共いつかこんなことになるかもなんて考えるくらい、よく妄想をしていた」

「フィービー・ブリジャーズはギター・センターで歌いながら発見されたいと思っていた。ジュリアン・ベイカーはキッズの頃からバンドにいて、満員のスタジアムでやりたいと思っていた。私は受賞スピーチを書く練習をして、バスの運転手から教会のドアを開けてくれた人まで、親切にしてくれたすべての人に感謝しようとしていた」

「だから、キッズのような心境なの。だって、そんなことがあるなんて思えたのはその頃が最後だった。現実じゃないみたいね」

ジュリアン・ベイカーは次のように続けている。「音楽が自分の人生を救ってくれた。誰もがバンドに入れるけど、このバンドは家族だった」

最優秀ロック・ソング賞の受賞スピーチはジュリアン・ベイカーが取り仕切っている。「人生で私がやりたかったことはバンドに入ることだけだった。キッズの頃から音楽は自分のファミリーを見つけるための言語だった。私のライヴを観てくれたり、仲間がヴァンやプリウスでツアーをしたのを観てくれたりした人全員に感謝したい」

フィービー・ブリジャーズは次のように続けている。「すべてはこの人たちのおかげね。大好きなの。最高の人たちね」

フィービー・ブリジャーズはシザとのコラボレーションとなる“Ghost In The Machine”でも最優秀ポップ・デュオ/グループ・パフォーマンス賞を受賞している。

先日、ボーイジーニアスは活動を休止すると報じられている。ボーイジーニアスは2月1日にロサンゼルスでシークレットのアコースティック・ライヴを行っており、「今後しばらくは姿を消すことになる」と観客に語っている。

【独占配信】ドキュメンタリー『ボン・ジョヴィ:Thank You, Good Night』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ